KOTARO JOURNAL

【チューリップ畑の庭園】キューケンホフ公園を個人で訪れる人向けガイド

キューケンホフ公園を楽しむガイド

キューケンホフ公園は、ヨーロッパで最大の花の庭園であり、世界で最大の花の展示場です。東京ドームが7個収まると言われるほど広大な面積に、約700万球根と約800種類のチューリップが至るところに植えられています。

また、例年3月半ばから5月半ばまでの2ヵ月間*のみしか開園されていない期間限定のチューリップの展示会であることから、このキューケンホフ公園が作り上げる美しい世界を見るためだけに世界各地からオランダへ訪れる観光客も多いとされています。開園されている約2ヵ月間の間にキューケンホフ公園を訪れる観光客は約80万人に上るとされています。

※2018年は、3月22日(木)〜5月21日(日)までが開園期間となります。公式サイトでも入園チケット公共交通機関の往復チケット+入園券セットのコンビチケットが販売開始されました。チケット情報や購入ページなどの詳細は、記事の最後に記載しています。

 

日本からの観光客の方でも旅行ツアーのパッケージの一つでキューケンホフ公園を訪れる方も多いと思いますが、個人旅行でオランダを訪れてキューケンホフ公園に訪れようと予定している方も多くいると思います。

今回は、キューケンホフ公園の魅力や訪れる絶好の期間と時間帯、個人で訪れる方向けにキューケンホフ公園へのアクセス方法をまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

キューケンホフ公園の魅力

キューケンホフ公園の魅力キューケンホフ公園の最大の魅力は、広大な面積に約700万球根と約800種類のチューリップの庭園が作り上げる美しい世界観を堪能できることです!

 

キューケンホフ公園の魅力

キューケンホフ公園内には、今まで見たことのない色のチューリップが数多くあり、花やチューリップが特別好きではない人も大いに楽しめます!

※実際に私もそこまで花やチューリップが好きというわけではないです(笑)

 

キューケンホフ公園の魅力

 

また様々な色のチューリップを組み合わせることによって、上手いこと計算して作られた「芸術作品」が各所に観られ、飽きることはありません。

入園してから3時間の間に200枚強の写真を撮っていました!(笑)

こんなに写真を短時間で撮影したことはないですが、魅力的な被写体が数多くあったことから、あっという間にカメラのバッテリーがなくなってしまいました。

写真からではキューケンホフ公園の魅了を伝えられるか分かりませんが、以下に撮影した一部の写真を掲載します。

キューケンホフ公園の魅力

キューケンホフ公園の魅力

キューケンホフ公園の魅力

キューケンホフ公園の魅力

キューケンホフ公園の魅力

 

こうしたチューリップの写真撮影は、ブログ『Sutdio9』管理人であり、フォトグラファー中原さまの以下の記事を大いに参考にして、執筆者が撮影してみました。これからキューケンホフ公園を訪れて、チューリップを上手く撮影したいと思う方は参考にしてみて下さい!

バリエーション豊かにチューリップを上手に撮影するための7つのコツを教えます!

 

執筆者が写真撮影に使っているカメラは、一眼レフ初心者向けにオススメとされている『Canon EOS Kiss X7』になります。初期セットで付属していたレンズのみでの撮影しかしてませんが、非常に満足しています!

 

キューケンホフ公園は春のオランダ観光の王道であり、多くの人がオススメする観光地ですが、絶対に訪れるべきです!花やチューリップが特別好きでない人も絶対に楽しめます!

 

キューケンホフ公園を訪れる絶好の時期と時間帯はいつ?

キューケンホフ公園を訪れる絶好の時間は?

キューケンホフ公園の中央入口

上記の画像は、2017年4月30日(日)に私たち夫妻がキューケンホフ公園の中央入口に訪れた朝9時前の様子になります。

当日の天候は、冬のような寒さと曇りが続いた後に訪れた春らしい暖かな快晴でもあり、祝日の日曜日も関係したのか世界各国から多くの観光客が中央入口の入場チケット売り場や入場待ちで列をなしていました。

キューケンホフ公園は3月半ばから開園していますが、インターネット上の情報やソーシャルメディア等の写真を見る限り、3月半ばから4月上旬にかけては、植えられているすべてのチューリップが満開となっていない状況のようです。

こうした情報を確認していた私たちは、ほとんどのチューリップが満開になるであろう4月下旬から5月上旬にかけてキューケンホフ公園を訪れようと予定していました。そして、前章で私が撮影した写真をご覧になってもらえれば分かる通り、満開のチューリップが美しい世界を作り上げていました。

その年の気候や気温によって満開時期というのは多少の変化があると思いますが、満開のチューリップ庭園のキューケンホフ公園を観覧したい方は4月下旬から5月上旬にかけて訪れることをオススメします!

 

何時ごろに訪れるのが一番良いのか?

キューケンホフ公園は朝8時から夕方19時頃まで開園しています。この時期のオランダでは、夜9時頃まで太陽が昇っているために夕方19時でもまだまだ明るいです。

キューケンホフ公園は毎日朝8時から開園しており、私たちが訪れた時は開園してから約1時間弱が経過していました。上記の写真のように朝9時前には多くの観光客が入場を待っている光景が待っていました。

その反面、入園してみると広大な敷地面積の影響してか混雑している印象はなく、ゆっくりとチューリップを眺めたり、思う存分に撮影することが出来ました。しかしながら、11時頃になるとだんだん混雑して行き、12時頃にはどこの場所も人で溢れかえっていました。

Googleが予測する混雑情報によれば混雑のピークは14時頃と示されていますが、チューリップが満開の時期(4月下旬から5月上旬)には、曜日に関係なく12時頃には混雑のピークを越しています

そのため、混雑を避けてゆっくりとチューリップの鑑賞や撮影をした人は午前中の朝早くに訪れることを強くオススメします!私が体感した印象では、朝8~11時まではゆっくりと思う存分楽しめます!

 

以上をまとめてみると、訪れるオススメの時期と時間帯は、以下のようになります。

  • 観光に訪れる絶好の時期:4月下旬~5月上旬
  • 観光に訪れる絶好の時間帯:午前中の朝8~§§時

 

✓オランダ観光にはこちらのガイドブックがオススメ!

 

キューケンホフ公園へのアクセス方法

キューケンホフ公園へのアクセス方法

キューケンホフ公園へのアクセス方法 出典:https://keukenhof.nl/

キューケンホフ公園へのアクセス方法は、車以外に電車やバスなどの公共交通機関を使って行く方法があります。

例えば、私たち夫婦の場合はハーグに居住しているので、一番簡単なアクセス方法はハーグ中央駅からライデン中央駅まで電車で移動し、ライデン中央駅から出発しているキューケンホフ公園行き特別バス854番に乗車して行く方法です。

 

ライデン中央駅前のキューケンホフ公園行き854番バス停

ライデン中央駅前のキューケンホフ公園行き854番バス停

 

私たち夫婦のように公共交通機関を使ってキューケンホフ公園を訪れる方にはキューケンホフ公園公式サイトが販売している公共交通機関の往復チケット+入園券セットのコンビチケットがお得であり、簡単だと思いますので以下に記載していきます。

スキポール空港やアムステルダム周辺からのアクセス方法

  • スキポール空港(858番バス)→公園
  • アムステルダム中央市街地(197番バス)→スキポール空港(858番バス)→公園
  • アムステルダム中央駅(電車)→スキポール空港(858番バス)→公園
  • アムステルフェーン(300番バス)→スキポール空港(858番バス)→公園
  • アムステルダム南駅(310番バス)→スキポール空港(858番バス)→公園
  • ハーレム駅(50番バス)→公園

ライデンやハーグ周辺からのアクセス方法

  • ライデン中央駅前(854番バス)→公園
  • ハーグ中央駅(電車)→ライデン中央駅前(854番バス)→公園

Katwijk・Noordwijk・Noordwijkerhout市街地からのアクセス方法

  • 90番バス→公園

それ以外のオランダ国内の場所からのアクセス方法

  • オランダ国内地(電車)→スキポール空港orライデン中央駅orハーレム駅(各直通バス)→公園

 

このコンビチケットは、出発地によって料金が多少異なりますが、利便性と実際に発生する公共交通機関の往復料金を考慮すると非常にオススメです。

例えば、スキポール空港からキューケンホフ公園までのコンボチケットは大人24.50ユーロであり、入園料14.5ユーロ+往復バスチケット10ユーロという計算になっています。キューケンホフ公園の入園チケット料金は大人17ユーロのために、単純に計算してみると約3ユーロお得なセットになります。

こちらのコンビチケットは、E-チケットのためインターネット上で購入して当日にスマホ画面またはコピーした用紙で利用することが出来ます。

コンビチケットの購入ページと詳細な情報(バス停の場所や時刻表、料金)は、以下のページから参照してください(英語表記ページ)。

Buy Tickets」(閉館中のためページは消去)

 

キューケンホフ公園の観光旅行の予定が決まったら、宿泊先を最大手サイト「トリップアドバイザー」で早めに予約しよう!

 

キューケンホフ公園の詳細な情報
公式サイト:https://keukenhof.nl/en/(英語表記ページ)
開園期間(2018年):3月22日~5月13日
開園時間:8:0019:30(チケット売り場は、8:0018:00まで)
入園チケット料金:大人(17ユーロ)、4~11歳までの子供(8ユーロ)、3歳以下の幼児(無料)
ロッカー:公園の中央入口前に無料ロッカーあり

 

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト。オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. 過去5年間におけるオランダ在留邦人の動態を統計データから読み取る
  2. ヒラリー・クリントン 敗北演説
  3. 戦没者慰霊碑 Indies Monument
  4. オランダ語補習校を提供するオランダ公立中等教育学校を訪れて in ハーグ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. 世界最大のピート・モンドリアン展ーハーグ市立美術館に行ってみよう!
  2. ヘヴィメタル初心者に聴いてもらいたいオススメ曲10選
  3. 低賃金で働くセルビア出身のDMM英会話講師たちが提起する問題
  4. 「平和の行進2018」&スレブレニツァの虐殺「23周年追悼式典」を写真で振り返る【オランダ・ハーグ】
  5. ナチス軍の生々しい歴史を展示するトポグラフィー・オブ・テラー博物館【ベルリン】

海外旅行のホテル検索はこちら!

執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. 【ボスニア紛争】スレブレニツァの少女とその父に起きた悲劇の物語
  2. 「バルカン食文化の美しさをオランダ全土に広めたい」ーバルカン食料品店プリヤーテリ in アムステルダム

FOLLOW ME!!

ハーグ観光のお手伝い

ハーグ在住日本人がハーグ観光をお手伝い

PAGE TOP