KOTARO JOURNAL

かさこ塾「好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術」に参加してみた感想

かさこ塾「好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術」に参加してみた感想

2017年6月2日にオランダのハーグにて開催された、かさこ塾「好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術」に参加してきました。

今回は、この講義に参加してみた感想と講義を通して学んだことを自分のブログに当てはめて考えたことをまとめてみたいと思います。

 

かさこ塾

かさこ塾長 出典:かさこ塾長ブログ

そもそも、私は「かさこ塾」または「塾長かさこ」さんのことを一度も聞いたことがありませんでした。また、今回のかさこ塾のハーグ開催の情報はTwitter上でフォロワーさんを通じて廻ってきたことで偶然に知りました。

最初は特別気にも留めなかった「かさこ塾」講義でしたが、最終的に参加しようと決めた理由は以下の通りになります。

  • 私が居住するハーグ開催と地理的に便利だったこと
  • ブログに関する講義に参加する必要性
  • 講義に参加するオランダ在住の日本人と知り合うことができる可能性

 

このブログを始めてから約6ヵ月が経ちましたが、ブログ運営に関する特別な知識のない状態の私にとって、外部からの知識が必要なのではないかと最近思い始めてきました。このことが、今回の「かさこ塾」講義に参加した主な動機です。

また、オランダに移住してから約8ヵ月が経過しましたが、この間にオランダ在住日本人と知り合う機会が一度もありませんでした。そのため、この機会に日本人の方と知り合い、情報を共有出来たら良いなという思いも強くありました。

 

前置きはこれくらいにして、まず始めに「かさこ塾」講義に参加して学び自分で考えてみたことをまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

セルフブランディング術

セルフブランディングとは、「個人を商品化して、自分の力でプロモーションしていくこと」です。

このセルフブランディング術の講義を聞いていて、私にとって非常に胸にささる講義でした。なぜならば、私はブログを通じて全くセルフブランディングしていないからです。

 

ブログタイトルを再考する必要性

KOTARO'S BLOG

このブログの現在のタイトルは、以下のようになります。

ブログタイトルKOTARO’S BLOG
サブタイトルDutch life with Serbian heartー国際結婚したセルビア人の妻とオランダに移住した日本人が発信するブログ

かさこ塾長によれば、ブログタイトルを付ける際に重要なのは、「検索されやすいワード」が含まれており、「何をしているのか分かるタイトル」であること。

上記の重要な2点から、私のブログタイトルおよびサブタイトルを見てましょう。すると、現在のブログタイトルにはこれら2点に全く当てはまりません。サブタイトルで私が何をしているのか分かるかもしれませんが、非常に漠然としています。

 

以前から、ブログタイトルを変えなきゃいけないという意識はあったものの、良いアイディアが生まれずに今に至っています。しかしながら、ブログタイトルを再考することは、一番最初に取り掛かるべきことだと気付きました。

 

私の肩書きって何?

Twitterを通じて色々なブロガーさんのプロフィールを読んでいると、多くの人が何かしらの「肩書き」を持っています。

例えば、「トラベルライター」だったり「フリーライター」だったり。では、私に肩書きがあるかと言うと、作っていません。なぜならば、自分がやっていることをプロのような水準で胸張って言えないためです。

しかしながら、かさこ塾長によれば、「肩書きの付け方=自分がなりたいものを名乗る」ことで良いとのことでした。この言葉を聞いて、少し心が軽くなった気がします。

ということで、出来るだけ早く「自分の肩書き」を作りたいと思います。

 

活動名を作る

現在のブログタイトル「KOTARO’S BLOG」や私のTwitter名では、私の名前をそのまま利用して「KOTARO」と名乗っています。

ただし、「KOTARO」ってありきたりで印象が薄い名前ですよね。またアルファベットで記載しているのも、実際にはどうなのだろうかと思う部分もあります。

かさこ塾長によれば、特別実名にこだわる必要もなくビジネスネームやペンネームで工夫を凝らす方法もあるとのことでした。そのため、何か覚えやすくも読者の印象に残りやすい活動名を作る必要性を感じています。

 

強みが分かるプロフィールを作る

そもそも、私のブログにはサブメニューとして「自己紹介」を書いていますが、トップページには何もプロフィールを乗せていません。そのため、私がどんな人物なのか読者には全く伝わっていませんよね。

記事を読んでくださっている方には、「オランダに住む日本人」「オランダ社会や歴史文化、政治に興味がある人」「セルビアに対する愛着を持つ変な人」というイメージが湧くかもしれませんが、曖昧なイメージのはずです。

以前からプロフィールを作らなきゃと思っていたものの、自分を客観視してコメントすることが苦手なこともあり、遠回しにしていました。強みの分かるプロフィール作成なしでは、セルフブランディングもできないですよね。

早急に作らなきゃいけませんね!

 

ブログ術

ブログ術の講義では、ブログ記事のネタを見つける方法であったり、タイトルの決め方などが紹介されました。

こうしたことはインターネット上で様々な方がまとめていた記事を読んでいたので、さほど新しいこととして学ぶことではありませんでしたが、講義内で1点胸にささることがありました。

 

1週間に1度100点の記事<毎日60点の記事

現在の私はできる限り1日1記事を書こうと努力していますが、どの記事も100点(自分が納得のいく内容)を目指して書いています。なぜならば、中途半端な記事を書くことに非常に抵抗があるからです。

そのため、記事のアイディアが浮かんだものの、書いている途中で「載せる情報が足りない」「あまり面白くない」と感じる記事は公開せずに下書きとしてそのまま放置したり、破棄してしまうパターンが多いです。

その一方で、自分が納得のいくレベルで毎日書こうとしていると苦しくなってくることも事実です。

そのため、この意識「毎日60点の記事」を少し取り入れながら、記事を毎日書いていけるようになっていきたいですね。

実は、今回の記事もこれまでの自分とは全く異なる姿勢、つまりリラックスして自分が思うがままに書いています。そのため、記事を書くスピードが非常に早く、今回の記事は1時間くらいで書ききっています。

 

講義全体の感想

講義全体の感想としては、総じて参加してよかったと思っています。かさこ塾長の講義を聞きながら、途中でブログ運営や記事のアイディアがどんどん浮かび、こうしたアイディアをノートにメモしていました。

また、講義終了後にはかさこ塾長と参加したオランダ在住日本人の方と共に、レストランで昼食を取る機会があり、色々と話すことができて非常に楽しかったです。

記事冒頭で書いたように、これまでにオランダ在住日本人の方と知り合う機会もなかったので非常に新鮮な日でした。もし、この記事またはブログを通じて、私と話してみたいと思う方は「お問い合わせ」欄またはTwitterのDM通じて気軽にご連絡ください!

コーヒーまたはビールを飲みに行きましょう!

 

最後に、かさこ塾のホームページを載せておきます。興味のある方は、かさこ塾の活動内容や様子を覗いてみて下さい!

 

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト。オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. Netflixオリジナルドラマ:独断と偏見でオススメしたい4作品【2017】
  2. 【お知らせ】セルビア人との妻との国際恋愛話を赤裸々に語ったインタビュー記事公開!
  3. Youtuber(ユーチューバー)嫌いな私が唯一見ているYoutubers4選
  4. 海外在住者がブログで日本語の文章を書きながらアウトプットする恩恵

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. "どこにでも行けた"ユーゴスラヴィア時代の”最強”パスポート大公開!
  2. ユーゴスラヴィア社会主義時代に活躍したセルビア人デザイナーの作品に目が釘付け
  3. ベオグラードでの移動には、タクシー配車アプリ「CAR:GO」がオススメ!

海外旅行のホテル検索はこちら!

執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. スレブレニツァの虐殺
  2. ベオグラードで最も古い「新墓地[Novo groblje]」を訪れる
  3. 友人夫婦との会話

FOLLOW ME!!

PAGE TOP