KOTARO JOURNAL

【ロシアW杯2018】セルビア人美女サポーターを大特集!

【ロシアW杯】セルビア人美女サポーターを大特集!

ロシア・ワールドカップ2018が開幕してから数日が経ちましたね。

この数日間の間に、前回王者のドイツがメキシコに破れたりするなどの波乱が起こり、グループリーグから毎日眠れない熱戦が続いています。

 

ワールドカップと言えば、肝心のサッカー試合だけでなく、参加国の美女サポーター特集も大きな注目を浴びるところです!

今大会でも数多くのメディアが美女サポーターを特集する記事を書いているところを見かけます。

「美女サポーター2018」 by フットボールチャンネル

 

ロシアW杯2018では、筆者が強烈に応援するセルビア代表が2大会ぶりに出場し、初戦のコスタリカ戦は1-0で勝利するなど幸先良いスタートを切ることができました。

 

実は、セルビアはヨーロッパで最も美女が多い国と言われており、セルビアを観光で訪れる理由の一つに「セルビア人美女」を挙げる西欧メディアまであります。

今回の記事では、インスタグラムを通じてセルビア代表を応援する美女サポーターを試合ごとに追い、セルビア人美女サポーター特集として以下にまとめていきます!

 

スポンサーリンク

1試合目:コスタリカ戦(6月17日)

上記画像のJelena Karleuša(イェーレナ・カルレウシャ)は、セルビア代表メンバーで初戦のコスタリカ戦にも出場していたCBドゥシュコ・トシッチ選手の妻です。彼女はセルビア・ポップ音楽界のスターであり、セルビア国民で知らない者はいないほど有名人です。また、インスタグラム界の女王でもあり、毎日のように更新しています。

 

 

A post shared by Vedrana G (@vikiiig) on

 

A post shared by // ♥️ (@miracarter51) on

 

A post shared by Jovana Zonjić (@jov.z) on

 

A post shared by Leli Stranjina (@lelidgdanijela) on

 

A post shared by @babesofsoccer on

 

A post shared by Tamara. (@tasa_xo) on

 

A post shared by Bojana Djeric (@bdjeric5) on

 
 

A post shared by Sandra (@sandra_kiki) on

 

A post shared by ✨ (@forevershorty_) on

 

A post shared by unagu (@unagu) on

 

A post shared by Tamara Monroe (@tamara_monroe) on

 
 

A post shared by Footy_ladies_ (@footy_ladies_) on

 

A post shared by ✨ (@forevershorty_) on

 

A post shared by Наташа (@naataaaascha) on

 

A post shared by DM♡ (@mila4) on

 

 

2試合目のスイス戦で見かけたセルビア人美女サポーターが次のページにて!

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト。オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. 【ユダヤ人犠牲者率90%以上】ベオグラードのユダヤ人墓地からホロコーストの歴史に触れる
  2. ユーゴノスタルジーを味わえるカフェ「SFRJ」に行ってみた!
  3. 【お知らせ】7/11(水)にハーグで開催される「平和の行進」に一緒に参加しませんか?
  4. コソヴォについて知られていない7つの事実
  5. セルビアはヨーロッパで最も人種差別が少ない国なのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. "どこにでも行けた"ユーゴスラヴィア時代の”最強”パスポート大公開!
  2. ユーゴスラヴィア社会主義時代に活躍したセルビア人デザイナーの作品に目が釘付け
  3. ベオグラードでの移動には、タクシー配車アプリ「CAR:GO」がオススメ!

海外旅行のホテル検索はこちら!

執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. 【使い方】手数料激安なTransferWise?-海外送金を簡単に!-
  2. デルフトで偽警察官に遭遇!詐欺に遭わないように要注意!
  3. オランダ 生活
  4. セルビア クネズ・ミハイロバ通り

FOLLOW ME!!

PAGE TOP