KOTARO JOURNAL

【ベオグラード発ブランド】DechkoTzarーお洒落でクリエイティブなデザインが魅力!

セルビアの首都ベオグラードで、人気がどんどん高まっているアパレルブランドがあります。

そのブランド名は、DechkoTzar(日本語読み:デチュコ・ツァール)。

 

DechkoTzarの公式サイト

DechkoTzarの公式サイト(こちら

ベオグラード発のアパレルブランドであり、名前の意味は「皇帝と呼ばれる男」といったところ。

デザインがシンプルながらカッコよくて、お洒落で、独創的で、かつベオグラードらしさも取り入れているこのDechkoTzarを皆さんに紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

DechkoTzarの魅力

人気になっている理由は、お洒落でクリエイティブ、そして独特なデザインを描きながら、ベオグラードが誇る文化的な豊かさも上手く取り込んでいるところです。

例えば、ベオグラード市内を走るトラムや観光名所となっているタワーなどをモチーフにしながら、シンプルにお洒落なデザインを反映させて作っているTシャツ・コレクションはとても魅力的です。

DechkoTzarのコレクション

DechkoTzar:ベオグラード市内を走るトラムをモチーフにしたTシャツ 出展:DechkoTzar.com

 

 

私がこのアパレルブランドを知ったきっかけは、2年前に友達から誕生日プレゼントを貰ったTシャツ”Pobednik”(意味:勝者)でした。

このTシャツのデザインのモチーフとなっているものは、ベオグラードの象徴カレメグダン城塞の頂上に建っている「勝者の像」(オスマン・トルコ帝国とオーストリア・ハンガリー帝国から勝ち取った独立を称えている)になります。

このTシャツは、今でも僕のお気に入りのもので頻繁に着ています。

DechkoTzarのTシャツ

DechkoTzarの”Pobednik”Tシャツ ※執筆者が撮影

 

このアパレルブランドDechkoTzarは、小規模ながらベオグラード中心地に実店舗を構えています。

 

DechkoTzarのお店に行ってみた!

DechkoTzarの店内

DechkoTzarの店内 ※執筆者が撮影

ベオグラードの中心地である共和国広場から徒歩で5-10分くらいの割りかし近いところにあるものの、店外には看板もなく小さいお店であるため、この店を気づくのに少し時間がかかりました。

店内はとてもこじんまりしています。そのこじんまりさが功を奏して、店に入りやすくい雰囲気があります。

また、店員どちらとも話しかけてくることもないので、店内に用意されているコレクションをゆっくりと自由気ままに眺めることができます。

 

DechkoTzarの店内

DechkoTzarの店内 ※執筆者が撮影

DechkoTzarは基本的に毎年夏と冬にそれぞれ新たなコレクションを発表し、その後に数量を限定して生産・販売する方針を取っています。

そのため、大手のアパレルブランドに比べると種類が少ないと感じるかもしれません。

しかしながら、メインとなっているTシャツ1枚1枚にはどれもこだわりのあるデザインが施されているため、「少数精鋭」チームのようなコレクションが集まっています。

 

DechkoTzarの店内

DechkoTzarの店内 ※執筆者が撮影

DechkoTzar、つまり「皇帝と呼ばれる男」というブランド名から、男性向けのものしかないと思う方もいるかもしれません。

しかし、女性向けのコレクションも豊富に用意されています。

Tシャツに触れてみてもらうと、柔らかくてしっかりしている品質の良さを感じ取れるはずです。

各Tシャツはそれぞれコットン100%で作られており、最新の2018年夏のコレクションにはオーガニック・コットン100%で作られているものもあります。

 

DechkoTzarの店内

DechkoTzarの店内 ※執筆者が撮影

実際に来店するまで知らなかったものの、メインのTシャツ以外にも帽子や長袖シャツ、ジャケット、小物品などのコレクションもあります。

販売されているTシャツの価格は2000-3000ディナール(日本円で2000-3000円)ほどで、通常のアパレルブランドよりも安い値段設定になっています。

今回の訪問では、気に入ったTシャツを2枚購入しましたが、合計4500ディナールとなりました。

 

DechkoTzarの店頭

DechkoTzarの店頭 ※執筆者が撮影

今回の記事を読んで気に入った人は、ベオグラード観光する際にぜひ足を運んでみてください。自分用でもいいですし、ベオグラードのお土産としても喜んでもらえるプレゼントになるはずです!

 

DechkoTzarの詳細

公式サイトhttps://www.dechkotzar.com/sr/
住所:Gračanička 16, 11000 Belgrade
Facebook@bracaburazeri 
Instagram@bracaburazeri

 

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト。オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. 「平和の行進2018」&スレブレニツァの虐殺「23周年追悼式典」を写真で振り返る【オランダ・ハーグ】
  2. アルバニア語を学ぶセルビア人学生ミレナ・ベラン
  3. セルビアの首都ベオグラードは「ニュー・ベルリン」?
  4. コソヴォについて知られていない7つの事実
  5. クラフトビール専門バー「Majstor za pivo」in ベオグラード

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. "どこにでも行けた"ユーゴスラヴィア時代の”最強”パスポート大公開!
  2. ユーゴスラヴィア社会主義時代に活躍したセルビア人デザイナーの作品に目が釘付け
  3. ベオグラードでの移動には、タクシー配車アプリ「CAR:GO」がオススメ!

海外旅行のホテル検索はこちら!

執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. 【引越し後】オランダでの引越し手続き&やることリスト
  2. 友人夫婦との会話
  3. ユーゴスラヴィア社会主義時代に活躍したセルビア人デザイナーの作品に目が釘付け
  4. 大量虐殺が起きたスレブレニツァを「悲劇の街」から「希望の街」へ変えるプロジェクト

FOLLOW ME!!

PAGE TOP