KOTARO JOURNAL

運動大好きな人が多いオランダのジム・フィットネスクラブ事情

オランダのジム・フィットネス

自転車大国として有名なオランダ王国ですが、同様に実は多くの国民が日々何かしらの運動やスポーツに興じていることでも有名です。

オランダで生活していると、サイクリングしているオランダ人を頻繁に見かけることは当たり前の光景ですが、それだけでなくランニングしている人や街中に多くのジムを見かけます。

今回は、オランダのそうしたオランダの運動・スポーツに焦点を当てると同時に、オランダのジム・フィットネスクラブ事情をお話ししようと思います。

 

スポンサーリンク

オランダと運動・スポーツ

社会文化計画局の調査報告書によれば、オランダ全人口(約1,700万人:2016年時)の内、52%の国民が毎週何かしらの運動・スポーツを行っており(EU諸国の平均は約38%)、余暇時間のうち週平均2.6時間12歳以上の男女)を運動・スポーツに費やしています。(下図参照)

余暇時間の使い方

オランダ人の余暇時間の使い方(2005年) 出典:Sport in the Netherlands, SCP.

 

参考までに日本人の1週間の平均運動・スポーツ時間は、以下の通りになります。

男女・年齢別1週間のスポーツ時間

男女・年齢別1週間のスポーツ時間(平成18年)―20歳以上― 出典:総務省統計局

 

日本の週平均運動・スポーツ時間(20歳以上の男女)を算出すると、1.17時間になります。オランダの2分の1以下の状況です。特に20~40歳台の運動時間が低く、横並びの状況になっている背景は、決して日本人が運動やスポーツに興味がないわけではないと思います。

この背景にあるのは、会社での労働時間の長さでそもそも余暇時間が少ない点、育児と家事・仕事の両立で運動時間が持てない点などが原因なのではないでしょうか。私も日本居住時にゴールドジムに通っていましたが、平日の仕事終わりにジムに行く時間・余力もなく、休日だけ通って筋トレしていました。

反対に、オランダでは基本的に残業もなく、17~18時には仕事を終えられる点やパートタイム労働に従事している人が多い点などからワークライフバランスが整っており、そもそも余暇時間が多く持てます。また、配偶者の協力があれば育児をしながらでも余暇時間を運動に割り当てられるはずです。

運動・スポーツが好きな私にとって、運動時間を多く持てる環境が整っているオランダは素晴らしい国だなと改めて実感しています

 

オランダとジム・フィットネスクラブ

オランダに住んでみると分かりますが、町の至るところでジムをよく見かけます。オランダ国内のジム・フィットネスクラブ総数は、2014年時で約1,650店舗あると言われています。(NL timesより)

社会文化計画局の調査報告書によれば、フィットネスやエアロビクスを行っている=ジム・フィットネスクラブ会員人口は、6~79 歳の人口のうち17%になります。(下図参照)オランダ全人口からジム・フィットネスクラブ会員人口を算出すると、290万人になります!
※オランダ人口数が2016年統計データであるのに対し、下図のデータが2003年統計データになるので、参考までの数字として捉えて下さい。

オランダで人気スポーツ一覧

オランダで人気スポーツ10部門―6~79歳(2003年時)(%) 出典:Sport in the Netherlands, SCP.

 

つまり、オランダ国民の約5人に1人は毎週ジム・フィットネスクラブに通って、運動していることになります。また、ジム・フィットネスクラブ1施設当たりの会員数は、平均的に1,750と大変な数字になっています!(笑)

ちなみに日本の場合は、2016年時で約420万人、全人口に対して約3%の国民がジム・フィットネスクラブに加入して運動していることになります。オランダに比べて非常に少ない数字だということが分かります。

 

オランダの有名なジム・フィットネスクラブ

前章で述べたように、オランダには多くのジム・フィットネスクラブがあります。すべてが個人経営の場合ではなく、日本のコナミスポーツやセントラルフィットネスクラブ、米国のゴールドジムのような大手チェーン店もあります。

私が色々なジム・フィットネスクラブを回って観察した印象は、高価なフィットネスクラブ(ジャグジーやスパ、サウナ施設が常設)を除けば、基本的にほとんどのジム・フィットネスクラブの値段は日本と比べて非常に安いです。

以下に、オランダで有名なチェーン店を紹介したいと思います。

 

Fit For Free

 Fit For Freeはオランダ国内に78店舗展開している大手チェーンです。何よりも会費の圧倒的な安さが特徴です。最安なプランが月会費たったの9.95€と10€を下回ります!

主なプラン内容一覧

  • 9.95€  ⇒2年契約プラン:平日7~17時、休日9~16時利用可
  • 12.95€⇒1年契約プラン:平日7~17時、休日9~16時利用可
  • 16.95€⇒2年契約プラン:無制限利用可能
  • 19.95€⇒1年契約プラン:無制限利用可能
  • 24.95€⇒月々契約プラン:無制限利用可能

 

また、 Fit For Freeには一日無料体験(Gratis dagpasがあります。手続きは非常に簡単です。こちらのページで必要事項を記入すれば、すぐに指定のメアドに一日無料体験クーポンが届きます。それを、フロントに見せれば入館して体験できます。

ジムの内装・雰囲気を体験してから入会したいと思う方は、是非このクーポンを利用してみてください。

 

Basic-Fit

Basic-Fitは、オランダ国内に140店舗展開しているだけでなく、ベルギーやルクセンブルク、フランス、スペインに計250店舗も展開している大型チェーン店です。

このフィットネスクラブの特徴は、オランダ国内外のすべてのBasic-Fitでも、メンバーズカードを使用して入館することが出来ます。仕事での出張や旅行中でも運動したくなったら、気軽に行けるということです。

デンハーグ中心地にある女性専用Basic-Fit

デンハーグ中心地にある女性専用Basic-Fit

また、登録した人と同じ住所に居住している者(主に家族)であれば、このメンバーズカードを使って自由にBasic-Fitを利用出来てしまう特典が付いています!(ただし、一緒に入館することは不可)

主なプラン内容一覧(すべてのプランが無制限利用可能)

  • 17.99€⇒EASYプラン:1年契約。1年間分の会費支払い必要。
  • 19.99€⇒SMARTプラン:契約してから1年経過後、いつでも退会可能。月払い。
  • 23.99€⇒FLEXプラン:月々契約。

価格で比較すれば、前者のFit For Freeの方が安いですが、Basic-Fitは大型チェーン店だからこそ出来る特典があります。

 

もしオランダに住み始めて、ジム・フィットネスクラブに通おうかなと悩んでいる方は、試しにFit For Freeが提供している1日体無料体験を利用してみたり月々契約プランで様子見してみることをオススメします!

オランダに移住した方、多くのオランダ人のように余暇時間を使ってジム・フィットネスクラブに通い、健康的で楽しいオランダ生活をしてみてはいかがですか?

次回は、私がデンハーグで通っているボディビルダー育成所でもあるジムをご紹介したいと思います!

 

参考サイト
The Netherlands Institute for Social Research、サイトはこちら

 


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. オランダ 生活
  2. 戦没者慰霊碑 Indies Monument
  3. ハーグがアムステルダムよりも100倍魅力的な街である5つの理由
  4. メンバーズカードでオランダ節約生活
  5. オランダを訪れる日本人観光客の動態とオランダ観光の魅力を巡る状況
  6. 「チューリップの日」の会場

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. "どこにでも行けた"ユーゴスラヴィア時代の”最強”パスポート大公開!
  2. ユーゴスラヴィア社会主義時代に活躍したセルビア人デザイナーの作品に目が釘付け
  3. ベオグラードでの移動には、タクシー配車アプリ「CAR:GO」がオススメ!

海外旅行のホテル検索はこちら!

執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. 巻き起こるバルカン政治問題から眺めるロシアW杯2018
  2. シンタクラース
  3. 私がセルビア(旧ユーゴ地域)に夢中になり始めた理由
  4. オランダ トイレ

FOLLOW ME!!

PAGE TOP