KOTARO JOURNAL

ベオグラード観光中に「スリ被害」と「タクシーのぼったくり」に遭わない対策法

スポンサーリンク

タクシーのぼったくりに遭わない対策法

タクシーのぼったくりに遭わない対策法

ベオグラード市内にはたくさんのタクシーが走っており、ベオグラード市民も日常でタクシーを使う割合も多いです。

しかしながら、現地語であるセルビア語を話さない日本人がタクシーを利用すると、高い確率でぼったくりに遭います。ただし、ベオグラード市内の移動にはタクシーを使った方が便利であることは間違いありません。

ベオグラード市内にはバスやトラムなどの公共交通機関がたくさん運行しているものの、観光客には優しくないシステムとなっており、どの路線に乗り、どの停留所で降りればいいのか、今どの停留所なのかなどが分かりづらいシステムとなっています。

それだけでなく、ベオグラード市内のスリ事件の大半が公共交通機関内で発生していることから、特に身動きが取りづらい満員状態のバスに乗る場合に危険性がより高まります。

では、どうやってぼったくりに遭わないでベオグラード市内のタクシーを利用するのかについて以下で解説します。

 

路上に停まるタクシーや声掛けしてくるタクシーには乗車しない!

路上に停まるタクシーや声掛けしてくるタクシーには乗車しない!

まず第一条件として、ベオグラード市内の路上に停まっているタクシーや声掛けしてくるタクシーには絶対に乗車しないことです。

ベオグラードの中心部、例えば共和国広場付近だったり、ホテル・モスクワ前の大通り沿いには無数のタクシーが停まっています。

現地人であればぼったくりに遭う危険性はほとんどありませんが、外国人観光客、とりわけ日本人観光客の場合にはお金を持っていると思われているのでぼったくりに遭う確率は非常に高くなります。

 

また、多くの日本人観光客がセルビアを訪れる玄関口としてベオグラード・ニコラ・テスラ国際空港を利用していると思います。

空港に到着し、入国審査を終えて、スーツケースなどの大型荷物を受け取った後に、多くの人が出迎えで待っている出口ロビーへと向かっていきますが、到着するやいなや多くのセルビア人男性が「タクシー?タクシー?」と声をかけてきます。

しかしながら、こうした声掛けしてくるタクシー運転手に荷物を渡して、タクシーに乗車しては絶対にいけません!こうしたタクシー運転手のほとんどは法外な料金を請求してくる白タクのような輩であり、乗車したら最悪の事態が待っています。

無理やり荷物を受け取ろうとする輩もいるかもしれませんが、強引にでも断ったり、相手の目を見ずに無視しましょう!私は常にこうした白タク連中を無視しています。

 

ベオグラード・ニコラ・テスラ国際空港の出発ロビー入り口

ベオグラード・ニコラ・テスラ国際空港の出発ロビー入り口 ※執筆者が撮影

では、ベオグラード・ニコラ・テスラ国際空港からベオグラード市の中心部または滞在するホテルなどの目的地まで、どうやってタクシーのぼったくりに遭わずに行けばいいのでしょうか?

 

それは、正規のタクシー運転手にお願いする方法になります。

出口ロビーに入って、真正面の出入り口自動扉のすぐ横当たりに「TAXI INFO」と書かれたブースがあります。このブースで座っている職員に目的地(滞在先ホテルや住所など)を伝えると、紙の引換券のようなものに目的地と料金を記載して渡してくれます。

発生する料金はベオグラード空港を中心にしてゾーン1〜6までの料金設定となっています。基本的に空港からベオグラード中心部(ゾーン2)付近までは、一定額18€/1800セルビアン・ディナール(2017年1月)となっています。

ベオグラード・ニコラ・テスラ国際空港のタクシー料金表

ベオグラード・ニコラ・テスラ国際空港のタクシー料金表 出典:http://www.beg.aero/en/

 

その引換券を持って、隣の出入り口から出てすぐ目の前にある「TAXI INFO」専用のレーンに停まっているタクシー運転手に引換券を渡せばOKです。料金の支払いは、引換券に書かれた金額(大体18€/1800セルビアン・ディナール)を目的地に到着した時に、直接運転手に支払えば大丈夫です。

ベオグラード・ニコラ・テスラ国際空港の公式サイトでも英語で「TAXI INFO」に関する情報がこちらのページでまとめられています。

 

どうやって街中でタクシーを使うのか?

どうやって街中でタクシーを使うのか?

ベオグラード市内の路上に停まっているタクシーに乗車するとぼったくりに遭う可能性があると前述しましたが、街中でタクシーに乗ってベオグラード市街に行きたい場合にはどうすればいいのでしょうか?

 

それは、信頼できるタクシー会社に連絡を取って、タクシーを直接手配する方法です。

私は以前から以下の「BEOGRADSKI TAXI」を利用しており、ベオグラード在住の外国人の多くもこちらのタクシー会社を利用しているようです。

セルビアでは珍しいことに、セルビア語だけでなく英語ページまで用意されているので、セルビア語を理解できなくても問題なしです!

タクシー会社BEOGRADSKI TAXIの公式サイト

タクシー会社BEOGRADSKI TAXIの公式サイト(こちら

 

このBEOGRADSKI TAXIは、公式サイト上でも運賃体系(3種類)を明記しているため、どれくらいの運賃が発生するのか推測がつきます。

BEOGRADSKI TAXIが明示する運賃体系の詳細

BEOGRADSKI TAXIが明示する運賃体系の詳細(こちら

 

肝心のBEOGRADSKI TAXIの手配する方法ですが、全部で3つの方法があります。

1. セルビア国内で使えるSIMカードを現地で購入している場合→現地の電話番号「19801」に直接電話して手配

2. 現地のSIMカードを購入していなくともSkypeやLINE国際電話などを通じて電話で連絡できる場合→国際電話番号を頭につけた「+381 011 20 999 20」に直接電話して手配

3. スマホアプリ画面上で手配

 

BEOGRADSKI TAXIのタクシーを手配できるスマホアプリ

BEOGRADSKI TAXIのタクシーを手配できるスマホアプリ(詳細はこちら

このタクシー会社BEOGRADSKI TAXIはタクシーを手配できるスマホアプリ(アンドロイド・iPhone両方向け)を作成し、無料かつ英語表記ありで使えるようになっています。

アプリをダウンロードしたあとに、電話番号入力画面が表示されますがセルビア現地の電話番号を持っていなくとも、日本の携帯電話番号でも登録することができます。こちらの電話番号は、タクシー会社が手配した運転手があなたを見つけられない時に、電話がかかってくるものになっているため、基本的に電話はかかってきません。

電話番号を登録し終わったら、個人情報を入力する「REGISTER」で指定された情報を入力して登録確認メールが届けば、アプリを通じて希望する住所にタクシーを手配することができます。

タクシーを手配するコマンド「FIND YOUR TAXI」に進むと、手配を希望する住所や目的地などを入力する画面に切り替わります。

 

使っているスマホでGPS機能をオンにしていれば、地図上で現在の位置を自動的に割り当ててくれる機能も備わっています。またこの画面には、追記情報を入力する欄があるので、「Registered phone number is invalid in Serbia」と念のため伝えといた方がいいかもしれません。

タクシー手配をすると、どのタクシー運転手があと何分で来れるのかが表示されます。そして、その運転手を「ACCEPT」して待っていれば、車の上に「BEOGADSKI」と看板がついたタクシーがやってくるはずなので、それに乗車して目的地まで行きましょう!

このように正規のタクシー会社に連絡してタクシーを直接手配すれば、ぼったくりに遭う可能性を減らすことができます。

 

「スリ被害」と「タクシーのぼったくり」対策をしっかりとすれば、ベオグラード観光が悪い思い出になることはありません!これからベオグラード観光予定の方、ぜひ参考にしてみてください!

 

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト。オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. テレグラフ紙とのインタビュー記事
  2. セルビア版ラムシュタインFEUD
  3. 巻き起こるバルカン政治問題から眺めるロシアW杯2018
  4. 旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. "どこにでも行けた"ユーゴスラヴィア時代の”最強”パスポート大公開!
  2. ユーゴスラヴィア社会主義時代に活躍したセルビア人デザイナーの作品に目が釘付け
  3. ベオグラードでの移動には、タクシー配車アプリ「CAR:GO」がオススメ!

海外旅行のホテル検索はこちら!

執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. セルビアはヨーロッパで最も人種差別が少ない国なのか?
  2. 友人夫婦との会話
  3. スフェニンゲン「大西洋の壁」博物館
  4. オランダ政治中心地デン・ハーグにあるビネンホフ
  5. 【引越し後】オランダでの引越し手続き&やることリスト

FOLLOW ME!!

PAGE TOP