KOTARO JOURNAL

コソヴォ出身の歌手が世界で大ブレイクを果たしている!【リタ・オラ&ドュア・リパ】

コソヴォ出身の歌手が世界で大ブレイクを果たしている!【リタ・オラ&ドュア・リパ】

東ヨーロッパに位置する人口180万人の小国で、1990年代の終わりに発生した紛争で多くの犠牲者そして難民を出したコソヴォ共和国(2008年にセルビアから独立)が、ポップ音楽の世界的な歌手を続々と輩出していることを知っているだろうか?

 

今回の記事で紹介する2人の歌手は、コソヴォ出身またはコソヴォに民族的ルーツを持つ一方で、イギリスの首都ロンドンで長年生活していることから「イギリス出身の歌手」と言われています。

しかしながら、どちらの歌手も自分たちの出身地または民族的ルーツを自覚していると同時に、誇りに思っていることから、「コソヴォ出身の歌手」と表現することもできます。

 

今回の記事では、世界的な歌手となりつつある2人の「コソヴォ出身の歌手」リタ・オラとドュア・リパを紹介したいと思います。

留意点:どちらの歌手とも正確な民族的表現をすると「コソヴォ系アルバニア人」であるものの、現在は「コソヴォ人(Kosovar)」という民族的表現や彼女たちもこの表現を使っているため、当記事では「コソヴォ人」という表現を使用します。

 

スポンサーリンク

リタ・オラ(Rita Ora)

リタ・オラは1990年にコソヴォの首都プリシュティナで生まれたものの、1990年代の旧ユーゴスラヴィア地域で起きた紛争によって、父親が兵役につかなければならない可能性があることや、リタ含む子どもたちの安全性を考慮して、祖国コソヴォを離れる決断をした両親とともにイギリスへ政治難民として移住しました。

 

リタ・オラが生まれた時の名前は「Rita Sahatciu」であったものの、名字の「Sahatciu」はトルコ語由来で「時計職人」を意味する言葉でしたが、イギリス人にとって発音しづらい名字であったことから、アルバニア語で「時間」を意味する「Ora」が後に付け加えられました。

そのため、彼女の歌手名リタ・オラはアーティスト名ではなく、彼女の本名をそのまま使っています。

 

リタ・オラは前述したようにコソヴォ出身であるものの、幼少期にイギリスのロンドンへ移住したためにコソヴォで生活した年月は、非常に短いです。しかしながら、彼女自身はコソヴォ出身であり、コソヴォ人としての民族的ルーツを誇りに思っていることから、祖国で政治的・経済的に難しい時期を乗り越えてきた人々を心配する気持ちを強く持っています。

 

例えば、2012年にリリースした上記の曲「Shine Ya Light」は祖国コソヴォのプリシュティナで撮影するとともに、2015年にはコソヴォ名誉大使に選出されて、世界中の人々にコソヴォとはどういう国なのか、コソヴォ人とはどういった人々なのかを知ってもらう活動に尽力しています。

また、コソヴォ名誉大使に選出された際のインタビューにて、コソヴォ人であることをどのように捉えているのか質問された際には、以下の用に答えています。

コソヴォ人とは私自身であり、血であり、身体の中で直接感じるものよ。コソヴォ人の母国語であるアルバニア語を家でしか話さないけれども、コソヴォの言葉を話すことを誇りに思っている。そして、コソヴォは私の故郷よ。

 

2018年に入ってからは、映画「Fifty Shades Freed」の主題歌を歌う歌手に抜擢されました。この機会を通じて、10代の女子を中心にさらなる人気を高めていくだろうと思います。

また、2018年2月17日はオラ・リタの祖国であるコソヴォにとって重要な年になります。それは、2008年にセルビアから独立を果たした独立記念日10周年であり、この節目の日にオラ・リタはプリシュティナで無料コンサートを開くことを発表しました。

コソヴォ名誉大使に選出されて、独立記念日に祖国でコンサートを開くといったイベントを企画している事実から、オラ・リタほど祖国コソヴォを愛している人はいないのではないかと思わせられます。

 

今後の彼女のさらなる活躍に大きく期待しています。

 

ドュア・リパ(Dua Lipa)

彗星のごとく現れたイギリス出身の歌手ドュア・リパは、流行りのSNSであるインスタグラムやミュージックビデオを通じて彼女の美しさやファッションに魅了される女性が増加していき、世界中で大きな話題となっています。

彼女を世界的に有名な歌手へと導いた曲「New Rules」では、Youtube上のミュージックビデオ再生回数が10億回を超えた女性アーティストで最も年齢が若いという新たな記録(22歳)を成し遂げました。また、この曲のミュージックビデオでは表現されている世界観に魅了されて、世界中の人々がカバー/パロディー動画を作成していることでも大きな話題を呼んでいます。

日本のお笑い芸人であるブルゾンちえみが、この曲のパロディー動画を作成していたりします(その動画はこちら)。

 

これから世界一の歌姫になるのではないかと期待されている歌手ドュア・リパは、正確に言えばコソヴォ出身ではありません。彼女はイギリスの首都ロンドン生まれであるものの、両親は1990年代の旧ユーゴスラヴィア紛争当時に母国コソヴォ(当時はセルビア共和国内の自治州)から政治難民としてイギリスに移住したコソヴォ人です。

しかしながら、ドュア・リパが11歳の頃に父親の仕事の影響で、彼女の民族的ルーツであるコソヴォへと帰国し、一時コソヴォで生活していました。彼女はイギリス生まれでイギリスの学校で基礎的教育を受けてきたために英語が母国語となっているようですが、両親の母国語であるアルバニア語も話すことができると話しています。

その後、15歳のときに歌手になる将来の夢を抱きながら単身でロンドンへと戻り、モデル業をやりながら、自身の夢である歌手の道へと進んでいきました。

 

また、ドュア・リパは2016年7月にコソヴォの首都プリシュティナに降り立ち、コンサートを行うとともに、現地メディアへの取材などでは流暢なアルバニア語で応対していました。

彼女自身ももう一つの「生まれ故郷」であるコソヴォへ戻ることができて、嬉しく思っていると話していました。

彼女の名前ドュア(Dua)は、アルバニア語で「愛」を意味しており、10代のころはこの名前を嫌っていたそうですが、現在はこの名前を気に入っているため、アーティスト名などを使わずに本名で活動しています。

 

昨年には日本の音楽フェスティバル「サマーソニック」に招待されて初来日を果たして日本でも大きな盛り上がりを見せました。今後も日本でさらなる人気を生み出すとともに、世界的な歌手へとなっていく可能性を大きく秘めています。

 

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト。オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. 旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷の一般傍聴企画の報告【2017年11月29日(水)】
  2. 巻き起こるバルカン政治問題から眺めるロシアW杯2018
  3. テレグラフ紙とのインタビュー記事
  4. エピカのライブコンサート
  5. "どこにでも行けた"ユーゴスラヴィア時代の”最強”パスポート大公開!
  6. 「バルカン食文化の美しさをオランダ全土に広めたい」ーバルカン食料品店プリヤーテリ in アムステルダム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. "どこにでも行けた"ユーゴスラヴィア時代の”最強”パスポート大公開!
  2. ユーゴスラヴィア社会主義時代に活躍したセルビア人デザイナーの作品に目が釘付け
  3. ベオグラードでの移動には、タクシー配車アプリ「CAR:GO」がオススメ!

海外旅行のホテル検索はこちら!

執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. セルビアで「独裁者反対デモ」を起こす若者が要望すること
  2. 世界最大のピート・モンドリアン展ーハーグ市立美術館に行ってみよう!
  3. ハーグ生まれのクラフトビール「Kompaan」が営業する工業地帯風ブルワリーバー
  4. ベオグラード観光中に「スリ被害」と「タクシーのぼったくり」に遭わない対策法

FOLLOW ME!!

PAGE TOP