KOTARO JOURNAL

セルビアで「独裁者反対デモ」を起こす若者が政府に要望する5箇条

セルビアで「独裁者反対デモ」を起こす若者が要望すること

4月2日(日)に行われたセルビア次期大統領選挙の結果に不満を持つ若者が中心となって、投票日翌日の4月3日(月)から「独裁者反対デモ」が開始されました。

若者が「独裁者」と呼ぶ者は、大統領選挙で圧倒的な支持率を受けて勝利したアレクサンダル・ヴチッチ候補です。彼はセルビア現政権の首相でもあります。

 

※なぜヴチッチ候補が若者から「独裁者」と呼ばれているのか、その理由は以下の記事で述べています。

 

この記事を書いている4月6日まで4日間連続で、首都ベオグラード中心地に位置する国会議事堂前にて18時より行われている「独裁者反対デモ」は、参加者のほとんどが当初は大学生といった若者中心であったものの、次第に中年層や高齢層までもがデモに参加する光景が見え始めてきました。

また、首都ベオグラードだけでなくセルビア各地で若者が中心となってデモ活動が広がりつつあり、今後もより一層拡大していくと思われます。

 

では、「独裁者反対デモ」に参加するセルビア国民は何を要望してデモを行っているのでしょうか?

実は、Facebook上で始まったこのデモ活動は、上述したように若者が主体となったものであるとともに、定まった主催者はいません。そのため、このデモ活動の公式な要望はこれまでなく、それぞれの国民が自前のプラカードに文句を書いて抗議活動をしてきました。

しかしながら、デモ活動3日目(4月5日)にセルビア北部ノヴィサド市でデモを行っているノヴィサド大学生が、政府に要望する4箇条を発表しました。そして、この4箇条に賛同したベオグラード大学生は+1条の要望を追加し、全部で5箇条の要望が明らかになりました。

 

  1. 選挙管理委員会の全メンバーの入れ替え
  2. 電子メディア委員会の全メンバーの入れ替え
  3. セルビア議会議長マヤ・ゴイコヴィチの解任
  4. セルビア国営放送RTS代表の退任
  5. 選挙権を保持する国民の正確な数を知るために「選挙権保有者一覧表の再確認」と不正操作から完全に保護された「電子投票の導入」

 

以下で、それぞれの要望の背景と内容を解説していきます。

 

スポンサーリンク

選挙管理委員会の全メンバーの総入れ替え

セルビア選挙管理委員会

出典:N1info.com

Balkanist Magazineによれば、4月2日(日)に行われたセルビア大統領選挙を監視した選挙管理委員会のメンバー計17名のうち、委員長1人を含む7名はヴチッチ候補が所属するセルビア前進党の議員であると述べている。また、他5名の委員会構成メンバーもヴチッチ首相の政権を支持する政党議員であったり、政権与党として連立政権を組む政党議員であったりしたと述べている(こちら参照)。

つまり、公正な選挙が行われるために監視をする選挙管理員会の構成メンバー計17名のうち、12名がヴチッチ候補の大統領選挙の勝利を支持していたことになります。

果たして、この構成メンバーで選挙不正が行われないように監視する業務は機能したのかどうか疑問が残ります。

 

電子メディア委員会の全メンバーの総入れ替え

セルビア大統領選挙活動期間中のメディア調査結果

セルビア大統領選挙活動期間中のメディア調査結果 出典:http://www.birodi.rs

今回の選挙期間中に大きな話題となっていたのが、ほとんどのセルビア国内メディアがヴチッチ候補に大きく偏った報道をしていたことです。

上記の画像は、大統領選挙期間中(3月3~9日)にセルビア主要メディアが各候補者にどれくらいの時間を割いて報道していたかを表す調査結果です。

一番下のN1放送局以外がヴチッチ候補に偏った報道時間を割り当てていることが一目で分かると思います。

 

以下のセルビア人青年は、ヴチッチ候補がテレビ放送であまりに多く登場してくる状況を皮肉って、「僕の母親よりも多くヴチッチと会っているよ」と話していました。

 

こうした状況が意味することは、セルビア国内メディアに報道の自由度が非常に低いということです。ヴチッチ政権によるメディア規制そして情報統制が行われているのでないかという疑惑が以前からあります。

そして、報道の自由を遵守し監督する義務のある電子メディア委員会が全く機能しておらず、委員会構成メンバーに疑いの目がかけられているということです。

 

セルビア議会議長マヤ・ゴイコヴィチの解任

セルビア議会議長マヤ・ゴイコヴィチ

出典:Blic.rs

ヴチッチ候補が所属するセルビア進歩党の議員であり、セルビア議会議長であるマヤ・ゴイコヴィチは、野党議員からのヤジの応酬に耐えかねて、議会の気品と民主主義を護るために、大統領選挙が行われる1ヵ月前に議会を閉会しました。

野党議員の発言をさせずに、国会の機能を完全に奪ったものと見なされた議会閉会の決定は、多くの国民が激怒することとなりました。

国会へ民主主義政治を戻すために、彼女の解任を求めています。

 

 

セルビア国営放送RTS代表の退任

セルビア国営放送RTS

セルビア国営放送RTS(正式名称:Radio-televizija Srbije)は、以前より現政権のプロパガンダ放送局となりつつあることが問題視されており、報道の公平性に偏りがありました。

また、現在起きている「独裁者反対デモ」の様子を報道することは当初なく、デモ活動が3日目になってから報道するようになりました。

そのため、ヴチッチ候補の「操り人形」となってしまったRTS代表の退任を要求しているわけです。

 

選挙権を保持する国民の正確な数を知るために「選挙権保有者一覧表の再確認」と不正操作から完全に保護された「電子投票の導入」

セルビア大統領選挙における不正投票

出典:N1info.com

3月中旬に、選挙管理委員会が発表した「4月2日のセルビア大統領選挙で投票ができる(選挙権を保持する)国民数(18歳以上の成人)」が、6,724,172人(約672万人)でした(こちら参照)。

しかしながら、この数字はおかしいと選挙が終わった後の4月6日にセルビア大衆紙Blicが報じています。その報道によれば、この数字(約672万人)が実際の選挙権を保持する国民数よりも約80万人多いと述べています(こちら参照)。

セルビア統計局の最新統計情報によれば、セルビア総人口は約720万人であり、18歳以上の国民数は約590万人です。そのため、選挙管理委員会に登録された80万人の「架空」有権者が存在したことになります。

もしも、この80万人の「架空」有権者の投票が不正に使用され、今回の大統領選挙で圧倒的な支持率(55%)で勝利したヴチッチ候補に上乗せされていたならば、約14%もの上乗せされた支持率が存在したことになります。

この仮定が事実であるならば、ヴチッチ候補は第1回投票で勝利条件である過半数を超える支持率を獲得できなかったために、第2回投票(決選投票)が行われる必要性があります。

 

また、8ヶ所の投票所にて不正投票が行われた証拠が見つかったために、当日投票された9,851票は無効となり、4月11日に再投票が行われることが選挙管理委員会により発表されました。

こうした「疑惑」と「不正投票」があるために、若者は選挙期間中の情報を再確認することを求めています。

 

まとめ

これらセルビアの大学生たちが作成した5箇条の要望を見てみると、彼らが求めていることは、「公平な選挙」「報道の自由」「民主主義政治」の3つに集約することができます。

これらの要望に対して、ヴチッチ候補および現政権からは何のコメントを発表されていません。

これらの要望は、無茶苦茶な要求でしょうか?

現代社会の国家で当たり前となっている事柄ではないでしょうか?

 

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト。オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. 【ボスニア紛争】スレブレニツァの少女とその父に起きた悲劇の物語
  2. アルバニア語を学ぶセルビア人学生ミレナ・ベラン
  3. サラエヴォ事件を引き起こした犯罪者ガヴリロ・プリンツィプは英雄か?
  4. テレグラフ紙とのインタビュー記事
  5. セルビアはヨーロッパで最も人種差別が少ない国なのか?
  6. コソヴォ出身の歌手が世界で大ブレイクを果たしている!【リタ・オラ&ドュア・リパ】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. "どこにでも行けた"ユーゴスラヴィア時代の”最強”パスポート大公開!
  2. ユーゴスラヴィア社会主義時代に活躍したセルビア人デザイナーの作品に目が釘付け
  3. ベオグラードでの移動には、タクシー配車アプリ「CAR:GO」がオススメ!

海外旅行のホテル検索はこちら!

執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. ベビーメタル嫌いだった私が、蘭ユトレヒト公演で感じたもの
  2. バルカン料理が堪能できる「Foodism」
  3. オランダ人は挨拶で頬に何回キスするのか?なんで〇回するのか?
  4. アムステルダム市がAirbnbの規制を厳格化。その背景とは?
  5. 「ヒップスターの街」として映るユトレヒトの魅力

FOLLOW ME!!

PAGE TOP