KOTARO JOURNAL

【引越し前】オランダでの引越し手続き&やることリスト

【引越し前】オランダでの引越し手続き&やることリスト

これまでハーグ中心地近くの賃貸アパートに住んでいましたが、賃貸契約で結んでいた契約期間1年が終わると同時に、オーナーが賃貸アパートの物件の売却する予定があったため、10月1日付けで新たな賃貸アパートに引越すことになりました。

今回の記事では、オランダで初めて引越しする際に行った手続きややったことをリストとして記載したいと思います。これからオランダで引越しする予定の方はぜひ参考にしてみて下さい!

 

当初は1記事にまとめて書こうと思いましたが、書くことが多くなってしまい最終的には【引越し前】と【引越し後】の2つの記事に分けて執筆することにしました。

こちらの記事は、前編にあたる【引越し前】オランダでの引越し手続き&やることリストになります。

 

スポンサーリンク

引越す際の個人的な状況

旧住所の賃貸アパートの部屋

旧住所の賃貸アパートの部屋

引越し時の私たち夫婦の状況

  • 家族構成:執筆者(男)と妻のみ
  • 引越し:旧住所(ハーグ市内)→新住所(ハーグ市内)
  • 引越す荷物:全部でダンボール10箱ほど

旧住所での賃貸物件の状況

  • 家具付き物件
  • 家賃にはインターネット・ケーブルテレビ代(Ziggo)&暖房費含む
  • 電気・ガス・水道は個人持ち

新住所での賃貸物件の状況

  • 家具付き物件
  • 家賃には暖房費含む
  • 電気・ガス・水道・インターネット・ケーブルテレビ代は個人持ち

旧住所から新住所への引越しで変わることは、インターネット・ケーブルテレビ代が個人持ちになったことです。そのため、改めて自身で契約を結ぶ形になりました。

 

管理会社またはオーナーに賃貸契約解除の通知

管理会社またはオーナーに賃貸契約解除の通知

まず引越しする場所が見つかったら、管理会社またはオーナーに賃貸契約解除の通知を行います。

今回の私の場合では、賃貸契約で結んだ契約期間1年が経過する2ヶ月ほど前に、オーナーから当賃貸アパートの売却の連絡がありました。そのため、管理会社またはオーナーに賃貸契約解除の通知は行っていません

私たち夫婦が居住していた賃貸アパートの物件が特殊なだけかもしれませんが、不動産会社にて賃貸契約を結んで以降は、賃貸料の振込やアパート内でのトラブルなどはすべてオーナーとの直接的なやり取りとなっていました。

そのため、オーナーには電話での連絡で「賃貸アパートの売却予定を理解したこと」と、「売却決定後も賃貸契約が切れる10月1日まで引き続き居住すること」を伝えました。

 

そのため、私の場合は賃貸物件の管理会社またはオーナーに契約解除の通知を実際には行っていませんが、引越す場合は事前に賃貸契約の解除を通知する必要があるはずです。通知する期限や方法などは、サインした賃貸契約書に記載してあるはずなので、そちらをしっかりと確認してください。

私たちが結んだ賃貸契約書に記載されている賃貸契約解除の通知方法は、「新たな賃貸期間が始まる日(毎月1日)前、つまり最低でも1ヶ月の猶予を持って、郵便書留での手紙による賃貸契約の解除通知を行う必要がある」と記されています。

契約書に書かれている賃借人義務を守らずに賃貸契約解除を行うと、予定していた月日で契約解除が認められなかったり、入居前に支払ったデポジットが返却されない危険性もあります。

事前にしっかりと賃貸契約書は確認しておきましょう。

 

引越し会社に連絡して引越し当日の段取り

引越し会社に連絡して引越し当日の段取り

引越しする日時が決まったら、引越し会社に連絡をして引越し当日の段取りを行う必要があります。

オランダ国内で利用できる自動車免許を持っている場合は、自家用車または小型トラックなどをレンタルするなどして、自身で引越す方法が安上がりになることは間違いありません。

しかしながら、自動車免許を持っていない場合や引越し荷物として大型家具などが多数ある場合は、引越し会社にお願いした方がいいでしょう。

 

オランダ在住外国人向けの情報サイト『IamExpat』では、おすすめの引越し会社がリストアップされています。こちらの「Moving services & companies in the Netherlands」を参考にしてみてください。

上記のリストには掲載されていませんでしたが、『Student Verhuizers』は手頃な料金で引越し作業を依頼することができ、また利用者のレビューが高いことから優良な引越し業者だと思います。

Student Verhuizers』は私が住むハーグにも支社があり、こちらの引越し業者に見積もり依頼をお願いしていました。

 

最終的に私たち夫婦は、ハーグ市内での引越し(車で10分以内)&引越す荷物が少量であったため、友人に頼んで彼の自家用車2往復で引越し作業を終えました。もし親しい友人で引越し作業を手伝ってくれる人がいれば、お願いすることが経済的・労力的に見てベストです!

 

退去時に電気・ガス・水道メーター数値をメモ!

退去時に電気・ガス・水道メーター数値をメモ!

画像は電気メーター

この章は、旧住所の物件で電気・ガス・水道会社と契約を自身で結んで、自身で光熱費代を支払っていた人が行う手続きになります。

賃貸物件の中には、契約形態として家賃に電気・ガス・水道料金が含まれている場合があり、賃貸物件のオーナーが自身で払っています。そうした物件に居住していた人は、メーター数値をメモする必要はありません。

 

退去(カギの返却)時に電気・ガス・水道メーターの数値をメモする必要がある理由は、契約しているそれぞれの会社に退去時のメーター数値を連絡する必要があるからです。新住所で引き続き同じ会社と契約を保持する場合でも、異なる会社と新たに契約するために契約解除をする場合でも同じです。

退去する物件に居住し始めた際に、電気・ガス・水道会社と新たに契約を結んだ際にもそれぞれのメーター数値を通知していたはずなので、同様のことを退去時にも行うことになります。

日本の場合では、引越し時に電気・ガス・水道会社の係員が訪れて、(立ち会いで)それぞれのメーター数値を確認していると思います。簡単に言うと、オランダでは係員ではなく自身でやる必要があるということになります。

 

私の場合は、旧住所で電気・ガス会社=Energiedirect、水道会社=Duneaと契約していました。そして、新住所でも引き続き同じ会社との契約を延長することにしましたので、退去時にメモしたそれぞれのメーター数値を後日に連絡しました。

メーター数値を連絡する期日も定められているDuneaの場合は、退去してから5日間以内)ため、出来る限り早くメーター数値の通知を行いましょう。

 

通知方法に関しては、契約している会社のホームページに記載されていますので、各会社のホームページを確認してください。

 

退去時の立ち合い確認およびデポジットの回収

旧住所の物件の清掃およびデポジットの回収

退去する前にオーナー(または管理会社の責任者)の立ち会いのもと、賃貸物件の状態を確認してもらいましょう。

 

1年間という短い期間でしたがオーナーにも色々と便宜を図ってもらってきた感謝の意と入居時に支払ったデポジット(家賃1ヶ月分)を回収するために、アパートを念入りに清掃してピカピカにしておきました。

賃貸物件の状態をオーナーに確認してもらう際に、賃貸物件のキレイな状態であることはオーナーに良い印象を与えるはずです。

 

日本の場合では、賃貸契約を結んでいる不動産会社から「デポジット =敷金」が満額返却されることがほとんどないと聞きます。経年劣化による消耗や原状回復という名目で、入居時に支払った敷金からクリーニング費用が差し引かれて、一部だけが返金されることが多いと思います。

反対にヨーロッパでは、よほどの損傷やオーナーとの問題を起こしていない限り、デポジット=満額返却されるべきものという認識です。退去する際に部屋が汚くて、デポジットが回収できないことも考慮して、掃除を念入りにしておきました。

 

最終的には、オーナーも賃貸物件の状態に満足し、デポジットを満額返金することに納得してくれてので、即日に返金対応してくれました。しかしながら、オランダでは「デポジットの返却は退去から1ヶ月後」というのが通常のようで、私が結んだ賃貸契約書にも同様の記述がありました。

そのため、通常の場合は退去から1ヶ月後にデポジットが返却されるパターンになるはずです。中には、デポジット返却が管理会社またはオーナーから行われずに、トラブルになる場合もありますのでご注意ください。

 

以上、前編にあたる【引越し前】オランダでの引越し手続き&やることリストでした。

 

後編こちら⇒【引越し後】オランダでの引越し手続き&やることリスト

 

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト。オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. 【バンカー・デイ】オランダに存在するナチス独軍の防衛地下壕すべてが開放される日
  2. ユーロヴィジョン2017オランダ代表O'G3NE
  3. 27歳なのにビールを買うときに年齢確認を毎回されることの愚痴を聞いてください
  4. 極右政党オランダ自由党首ヘルト・ウィルダース

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. ヘヴィメタル初心者に聴いてもらいたいオススメ曲10選
  2. 低賃金で働くセルビア出身のDMM英会話講師たちが提起する問題
  3. 「平和の行進2018」&スレブレニツァの虐殺「23周年追悼式典」を写真で振り返る【オランダ・ハーグ】
  4. ナチス軍の生々しい歴史を展示するトポグラフィー・オブ・テラー博物館【ベルリン】
  5. 【風車✕田舎町】本物のオランダを見たきゃ、ザーンセ・スカンスに行こう!

海外旅行のホテル検索はこちら!

執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. オランダ人は挨拶で頬に何回キスするのか?なんで〇回するのか?
  2. デン・ハーグにある平和宮
  3. 「チューリップの日」の会場
  4. スレブレニツァの虐殺

FOLLOW ME!!

ハーグ観光のお手伝い

ハーグ在住日本人がハーグ観光をお手伝い

PAGE TOP