KOTARO JOURNAL

オランダで最大の市場”De Haagse Markt”に行くべし!

De Haagse Markt

デンハーグ在住の皆さんは、新鮮な野菜や果物を買う時どこで購入していますか?

私は、週に最低1度は「オランダで最大の市場」と言われる”De Haagse Markt“(英語:”The Hague Market“)を訪れて、バナナやトマトといった新鮮な野菜や果物を買って、日本よりも健康的な食生活を送っています。

一般的にオランダでは、野菜や果物の値段が日本と比べて非常に安いです。移住する前はオランダは日本に比べて基本的に物価が高いと思っていた私だったので、この点は非常に驚きでした。

オランダの大手スーパーマーケットAlbert Hejin等で野菜や果物を購入することはもちろん出来ますが、より新鮮で安い値段で野菜や果物が購入できる場所、それが”De Haagse Markt“です。

今回は、この”De Haagse Markt“について皆さんにご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

De Haagse Markt“とは?

"De Haagse Markt"

“De Haagse Markt”の入口

 

De Haagse Markt“は、毎日ではなく週に4度開場しており、週に約35,000人が来場しているほど大きな市場です。特に開場日である土曜日は歩き進むのが困難なほど、大混雑しています。

ある土曜日の様子

ある土曜日の様子

また、ヨーロッパでも屈指の多文化な市場です。なぜならば、オランダに住む多くの移民が母国ならではの食材や料理、衣服、物品を販売しています。この市場を訪れてみると分かりますが、多様な民族的・文化的背景を持つ買物客に驚くかもしれません。まさに、”De Haagse Markt“は移民大国であるオランダの縮図と言ってもいいかもしれません。

以下に、”De Haagse Markt“のプロモーション映像リンクを張っておきます。

 

De Haagse Markt“で買える物

新鮮な野菜や果物

新鮮な野菜や果物

ミニトマト 0.5kg当たり1.25€

 

私がこの市場を頻繁に訪れる主な理由が、新鮮な野菜や果物を安価で買うことができるからです。また、多くの人を呼ぶ魅力な点が売り手側の大きな掛け声かもしれません。皆大きな声でお客さんにアピールしています。こうした商売のやり方は日本とあまり変わらないですね。

リンゴ

リンゴ 1kg当たり1€

この市場では、本当に多種多様な野菜や果物が販売されています。そして、売り手側である多くの露店数にも驚くかもしれません。最初は、どの露店から買えば一番良いのか困ってしまうと思います。私も最初はそうでした。今では、どの露店が一番美味しく、安い野菜や果物が買えるか分かっているので、買う場所は基本的に決まっています。

パイナップル

パイナップル 1個1€

また、市場では日本で購入すると値段が高い果物が非常に安く売られています。パイナップルやマンゴー等の南国の食材も上記の写真のように、「え!1€!?」って目を疑ってしまうような値段設定がされています。

柿

柿 ”Kaki”

秋の季節ならではの柿も売られています。近年では、多くのヨーロッパ諸国でも「柿」が売られ、日本名である”Kaki”が定着してきています。多くの売り手側が、”KAKI!! KAKI!! KAKI!!”と連呼しているのが非常に面白いですね。

 

肉や魚も買えます!

新鮮な魚介類

 

また市場では、肉や魚介類も買えます。家では専ら鶏肉を使った料理を食べることが多いのですが、市内のスーパーでは鶏肉の胸肉が100g当たり1€と日本と比べて少しばかり高いです。しかしながら、この市場では精肉店も出展しており、鶏肉の胸肉が非常に安価で購入できます(1kg当たり5€=100g当たり0.5€。我が家の家計には非常に大助かりです。

 

それ以外にも色々な品物が売っている!

イスラム教信者が身に着けるスカーフ

 

冒頭でも述べたように、”De Haagse Markt“では食品以外にも衣服や物品など様々な物が販売されています。

衛生用品

衛生用品

キッチン用具

キッチン用具

スーパーや雑貨屋でセールをやっている時の方が安上がりになる場合もありますが、この”De Haagse Markt“で衛生用品や日用品はスーパーの通常の値段で購入するよりも安上がりです。

中古の大型白物家電製品

中古の大型白物家電製品

この市場で購入していて一番興味深いことが、例えば2€の野菜を購入する場合に細かいお金(10、20、50セント)で支払う時、売り手側は私達がいくら払ったのかしっかりと確認していないように見えます。

 

De Haagse Marktに行く際には、必需品があります。

  • 購入品を入れる大きな袋(IKEAの大袋等)

行く前にそんなに買う物がないと思っていても、最終的にはたくさん買ってしまうはめになります。各露店では小さなビニール袋(無料)に入れて品物を渡してくれますが、絶対に大きな袋が必要になります。中には、大きな袋×3を準備している人もいます。

  • たくさんの細かいお金(50セントや1€、2€貨幣)

多くの露店は現金主義なので、デビットカードでの支払いを受け付けていないところもあります。また、大きなお金(20€50€、100€紙幣)は嫌がる場合がほとんどです。そのため、細かいお金を日頃から市場用に集めておくことをオススメします。

 

私は自転車で市場に行ってますが、市場地下には有料駐車場が設置してあります。そのため、たくさんの買い物をする予定の方は自動車で行った方がいいかもしれません。

また、”De Haagse Markt“付近には多くのバスやトラムの停留所があります。そのため、公共交通機関を利用して訪れることも出来ます。

 

デンハーグ在住でまだ訪れたことない方、観光でデンハーグを訪れる予定のある方は一度この「オランダ最大の市場」を訪れてみてはいかがですか?

 

De Haagse Markt“の詳細
公式サイト:http://dehaagsemarkt.nl/(英語表記あり)
住所:Herman Costerstraat, 2571 PJ, Den Haag.
営業日および営業時間:月・水・金・土(9:00~17:00

 

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト。オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. ハーグがアムステルダムよりも100倍魅力的な街である5つの理由
  2. スフェニンゲン「大西洋の壁」博物館
  3. 初めての引越しで学んだオランダのアパート最新事情【ハーグ2017】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. 世界最大のピート・モンドリアン展ーハーグ市立美術館に行ってみよう!
  2. ヘヴィメタル初心者に聴いてもらいたいオススメ曲10選
  3. 低賃金で働くセルビア出身のDMM英会話講師たちが提起する問題
  4. 「平和の行進2018」&スレブレニツァの虐殺「23周年追悼式典」を写真で振り返る【オランダ・ハーグ】
  5. ナチス軍の生々しい歴史を展示するトポグラフィー・オブ・テラー博物館【ベルリン】

海外旅行のホテル検索はこちら!

執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. 低賃金で働くセルビア出身のDMM英会話講師たちが提起する問題
  2. オランダ総選挙で勝利したVVD党首マルク・ルッテ
  3. ユーゴノスタルジーを味わえるカフェ「SFRJ」に行ってみた!
  4. De Haagse Markt
  5. オランダの選挙制度

FOLLOW ME!!

ハーグ観光のお手伝い

ハーグ在住日本人がハーグ観光をお手伝い

PAGE TOP