執筆者プロフィール

プロフィール

プロフィール画像

写真背景:ハーグに位置する旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷

こーたろー。1990年生まれ。オランダの政治都市ハーグに在住。

2016年末にセルビア人の妻とオランダの政治都市ハーグに移住してきました!移住方法は当時(現在も?)の国外移住で話題となっていた個人事業主ビザを取得してのオランダ移住になります。

大学在籍中に旧ユーゴスラヴィアの一つであるセルビア共和国ベオグラード大学に、「セルビア語」を習得するために約1年間留学していました。そこで一人のセルビア人女性と出会い、いわゆる遠距離恋愛を4年間続けた末、2015年4月に結婚しました。

結婚後は日本で一緒に生活を続けていましたが、日本での生活で直面した色々な家庭内の困難が起きました。そして「とりあえず日本を出よう」という話し合いの結果、妻の母国セルビアが位置するヨーロッパへ戻ることに決めました。

その際に、当時話題となっていたオランダへの移住を知り、現在のオランダ・ハーグで新生活を送っています。

 

このブログでは、「オランダ在住×セルビアへの強い関心」という変わった組み合わせを生かしながら、オランダとセルビア(旧ユーゴ諸国)の文化・社会に特化した記事を主に執筆しています。また、オランダ移住を通じて私が経験したことを書いて公開しているので、これから「オランダ移住」を考えている人にも参考になる記事も時々執筆しています。

そのため、このブログ内では「オランダ移住」、「オランダ文化・社会」、「オランダ観光」、「オランダ・セルビア歴史」、「オランダ・セルビア政治」、「セルビア文化・社会」などのテーマを中心に書いています。

 

なぜセルビアに関心があるのか?

プロフィール なんでセルビアに関心があるのか?

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史に関心を持ち、卒業論文テーマとして取り組むことに決定。その後、旧ユーゴスラヴィアの一つであったセルビア共和国ベオグラード大学と私の大学間に交換留学協定があることを知り、セルビア語を0から学びに1年間セルビアへ留学をします。

留学から帰ってきた後に、一時は大学院進学を計画するも諸事情により諦めます。その後、大学の卒業論文として「セルビアの歴史教育-教育機関の歴史教科書からの考察-」を執筆して卒業し、セルビアとは全く関係のない会社業務に携わりました。

しかしながら、その後もセルビアをはじめ旧ユーゴ諸国への関心は常に持ち続けているだけでなく、心の奥底からセルビア人になりたいと思っているほどセルビア愛があり、セルビアは第2の故郷です。

また、国際結婚したセルビア人の妻とは日常会話で基本的にセルビア語を使用しているために、日本・オランダで生活しようと日常の生活からセルビアを切り離すことができない人生を送っています。

詳細な背景は、以下の記事でまとめています。

 

SNSアカウント

Twitter@KotaroHolland

Facebook@KotaroinHollnad

Instagram@kotaro_nederland

 

※お問い合わせはこちらからお願いします。

 

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

ハーグ観光のお手伝い

ハーグ在住日本人がハーグ観光をお手伝い

海外旅行のホテル検索はこちら!

最近の記事

  1. ロシアW杯で台風の目となるか!?セルビア代表の魅力をまとめてみた!
  2. ベオグラードで最も古い「新墓地[Novo groblje]」を訪れる
  3. ベビーメタル嫌いだった私が、蘭ユトレヒト公演で感じたもの

FOLLOW ME!!

PAGE TOP