KOTARO JOURNAL

【シンフォニックメタル界の頂点】オランダ出身エピカの実力は本物だった!

【シンフォニックメタル界の頂点】オランダ出身エピカの実力は本物だった!

以前に書いた記事『オランダと言えばシンフォニックメタル!』にて、オランダが誇る「シンフォニックメタル」バンドを紹介しました。

 

その中で紹介させてもらったエピカ Epicaが、オランダ南部のドルドレヒトにてライブコンサートを開くことを聞きつけて、2017年6月11Bibelotライブハウスに行ってきました!

ドルドレヒトで行われたエピカのライブコンサート

ドルドレヒトで行われたエピカのライブコンサート

 

長年に渡ってエピカが作り出す壮大な曲の構成や音楽性に魅了されていたものの、日本でライブコンサートを行うことがなかったため*に一度も彼らの生の演奏を聴く機会がありませんでした。

2017年4月上旬に大阪・名古屋・大阪の3ヶ所で初めて来日公演を行い、大盛況で終わりました。この大盛況の様子を見る限りでは、今後も新アルバムのツアーを行う際に来日公演を行うのではないかと思います。

 

そして、今回ようやく初めてエピカの地元であるオランダでの公演を見て、彼らの生の演奏に度肝を抜かれました!

 

エピカの歌手シモーネ

エピカの歌手シモーネ ※執筆者が撮影

Bibelotライブハウスが持つ音響の素晴らしさも関係ありますが、彼らの演奏レベルに圧倒されるだけでなく、エピカのファンが求めている「壮大なシンフォニック性」「歌手シモーネの美しいソプラノの歌声」をバンド側が理解しているために、これら2つの要素が強調された演奏となっていたからです。

メタルのサブジャンル(デスメタルやハードコア系メタルなど)にもよりますが、一般的にメタルのライブではベースやドラムバスからの低音が主張しすぎて、歌手の歌声やギターの高音が聞こえづらかったりすることもしばしばあります。その一方で、エピカのライブでは上記の2つの要素が上手く強調されている演奏(=ギターやベース、ドラム音が上手くサポートしている)だったために、「エピカの強み」が非常に際立っていました

 

今回の記事では、エピカのライブコンサートを終えた感想や気が付いた点も含めて、オランダが誇るシンフォニックメタル界の頂点に位置するエピカの魅力を紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

Bibelotでのエピカのライブコンサートの様子

Bibelotでのエピカのライブコンサートの様子

Bibelotでのエピカのライブコンサートの様子 ※執筆者が撮影

これまでに何度かオランダ国内で開催されたヘヴィメタルのライブコンサートに行ってきましたが、エピカのライブコンサートでは異なる光景が見られました。

それは、開場前から入口で多くの人が並んでいる光景です!開場15分前くらいには約80人くらいのファンが列を作って並んでいました。こうした光景は、これまでに訪れたライブコンサートでは見かけなかったので、やはり地元オランダ出身のバンドであるエピカの人気は強いなと感じました。

また、並んでいるエピカファンの性別や年齢層も様々であり、外見上では全くヘヴィメタルなんて聞いてなさそうな夫婦や60代くらいの白髪のおじさん、そして多くの女性が並んでいることに気が付きました。

こうした光景を見ると、「ヘヴィメタルは普段聴かないけど、エピカ大好き」というファンがオランダに多そうであること、そしてテクノ等のダンスミュージックが主流のオランダでも、しっかりと根強く「ヘヴィメタル文化」があることに気が付かされました。

 

さて、エピカの演奏が始まる前に2つの前座バンドが行われたものの、エピカが演奏する音楽ジャンル「シンフォニックメタル」とは異なるジャンルだった(グルーヴメタルと80年代スラッシュメタル)ために、残念ながら盛り上がりに欠けていました。このことから、オランダのエピカファンの多くは「他のヘヴィメタルジャンルは好きじゃないけど、シンフォニックメタルは好き」という人が多そうだなと感じました。

 

エピカのライブコンサート

エピカのライブコンサート ※執筆者が撮影

そして、予定通り21時からエピカの公演が始まりました!当日のセットリスト(曲目)は以下のようになります。

 

  1. Edge of the Blade
  2. A Phantasmic Parade
  3. Sensorium
  4. The Essence of Silence
  5. Fools of Damnation
  6. Unleashed
  7. The Obsessive Devotion
  8. Ascension – Dream State Armageddon
  9. Dancing in a Hurricane
  10. Once Upon a Nightmare
  11. Unchain Utopia
  12. Cry for the Moon
  13. Sancta Terra
  14. Beyond the Matrix
  15. Consign to Oblivion

参考サイト:http://www.setlist.fm/

 

エピカが当日演奏した曲は全部で15曲になります。その中でも、エピカが強みとしている「壮大なシンフォニック性」「歌手シモーネの美しいソプラノの歌声」が思う存分に分かる4曲を演奏された順番に紹介したいと思います。

 

2曲目:A Phantasmic Parade

この曲は、2016年に発売した最新作「THE HOLOGRAPHIC PRINCIPLE」の中で最もシンフォニック性が強く、曲全体を通してエピカが表現したい世界観が詰まっている曲だと思います。

また、曲後半にかけてヘヴィメタルらしさも強く出ていることもあり、重厚なヘヴィメタルの音を求める人にも飽きさせない素晴らしい構成になっています。今回の公演でもホール中央付近でモッシュピットが発生して、最初から大盛り上がりを引き起こした曲となっています。

 

4曲目:The Essense Of Silence

この曲は、エピカの最高傑作と呼ばれる前作「The Quantum Enigma」の中でも最もヘヴィメタル要素が強く、このアルバムの中で私が最も好きな曲です。

ヘヴィメタル要素が強く(ギタリストのデスヴォイスが多い)とも、エピカの強みである「壮大なシンフォニック性」が見事に融合して、こんなに素晴らしい曲になるのか!と驚いてしまうほどです。

ライブでも非常に盛り上がりを見せていたので、エピカファンの多くも好きな曲なんだなと感じました。

 

6曲目:Unleashed

この曲からエピカの音楽に魅了され始めた人が多いのではないかと思います。実は私もこの曲に出会って、エピカの音楽に魅了され始めました。

この曲が収録されたアルバム「Design Your Universe」がエピカの名前をオランダ国内外で有名にさせたものであり、このアルバム以降に世界中でエピカの大ファンになり始めた人が急激に増えたのではないかと思います。

この曲は、エピカのファンが求めている「壮大なシンフォニック性」と「歌手シモーネの美しいソプラノの歌声」が集約されている名曲であり、シンフォニックメタル界の代表曲になります。

ここまでに紹介した曲を聴いていない方も是非この曲だけは聴いてみて下さい!絶対に時間の無駄にはなりません!

 

11曲目:Unchain Utopia

この曲は、前述した”The Essence Of Silence“が収録されたアルバム「The Quantum Enigma」からの代表曲になります。

この曲の最初イントロに当たる部分で、オーケストラのオペラ歌手の歌声をバックに歌手シモーネが歌い上げるソプラノの歌声には毎回鳥肌が立ちます。ライブでも、それ以上に鳥肌が立ちました!(笑)

曲後半には、美しいピアノの音色とともに歌手シモーネの独唱があります。この部分は、涙が出そうなほど美しいです。

この曲こそが、歌手シモーネのソプラノの歌声が上手く強調された曲になっていますね。

 

まとめ

エピカのライブコンサート

エピカのライブコンサート ※執筆者が撮影

今回、初めてエピカのライブコンサートを観戦しましたが、何度も何度も彼らの公演を見たいと思わせてくれる圧巻のパフォーマンスでした!

正直に言って、エピカの歌手シモーネがライブコンサートでここまで素晴らしい歌声を披露できるとは思っていませんでした。特に期待せずに今回の公演を待ち望んでいたこともあって、彼女の歌声の力強さが最初の印象として強く残っています

 

さて、エピカは現在世界的にも人気のバンドとなってきているために世界中でツアーを行っていますが、オランダ出身のバンドであることから頻繁にオランダでライブコンサートを行っています。

次回は、10月後半にオランダの3ヶ所(ZwolleHaarlemNijmegen)で予定されています(詳細はこちら。もしオランダ在住または長期滞在などをしている日本人の方で興味のある方は、是非彼らのライブコンサートに行って、エピカが作り上げる素晴らしい世界観を体感してみましょう

 

追記【2017年11月7日】

このエピカが大ヒットTVアニメ『進撃の巨人』の歴代オープニング主題歌をカバーしたEPアルバム『EPICA VS attack on titan songs』を12月20日(水)に日本限定で発売するニュースが飛び出しました!

カバーする曲は、お馴染みの曲「紅蓮の弓矢」や「自由の翼」、「心臓を捧げよ!」など計4曲となるようです。『進撃の巨人』の代表曲を改めて聞き返してみると、エピカが作り上げる世界観とマッチしたシンフォニック性の高い曲ばかりですね!

もしかしたら、本家を超越するかもしれない高いレベルのカバー曲になるかもしれないですね!詳細はこちらをご確認ください。

 

さて、このカバーアルバム発売を記念して、2018年1月18日(木)に東京TSUTAYA O-EASTにて、『EPICA VS attack on titan songs』発売記念1日限定スペシャルライヴが開催される予定となっています。こちらのライヴコンサートのチケットは11月18日(土)より先行予約が開始し、一般発売は12月2日(土)から予定されています(詳細はこちらの公式サイトより)。

これまでにエピカの名前を聞いたことがなかったけれども、『進撃の巨人』主題歌カバーアルバムを通してエピカの音楽に興味を持った人は、この1日限定スペシャルライヴにぜひ行ってみてください!エピカの音楽性に感動すること間違いなしです!

 

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト。オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. ベビーメタル嫌いだった私が、蘭ユトレヒト公演で感じたもの
  2. ヨハン・クライフの自伝
  3. 巻き起こるバルカン政治問題から眺めるロシアW杯2018
  4. コソヴォ出身の歌手が世界で大ブレイクを果たしている!【リタ・オラ&ドュア・リパ】
  5. 【レビューあり】人気沸騰中のウェストマール・ビール2種類を飲み比べてみた!
  6. ハーグ生まれのクラフトビール「Kompaan」が営業する工業地帯風ブルワリーバー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. ヘヴィメタル初心者に聴いてもらいたいオススメ曲10選
  2. 低賃金で働くセルビア出身のDMM英会話講師たちが提起する問題
  3. 「平和の行進2018」&スレブレニツァの虐殺「23周年追悼式典」を写真で振り返る【オランダ・ハーグ】
  4. ナチス軍の生々しい歴史を展示するトポグラフィー・オブ・テラー博物館【ベルリン】
  5. 【風車✕田舎町】本物のオランダを見たきゃ、ザーンセ・スカンスに行こう!

海外旅行のホテル検索はこちら!

執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. オランダ・ユトレヒトで行われている「ハリー・ポッター展」
  2. オランダの政治制度
  3. 日本からセルビアの銀行口座へ国際送金する方法
  4. 初めての引越しで学んだオランダのアパート最新事情【ハーグ2017】

FOLLOW ME!!

ハーグ観光のお手伝い

ハーグ在住日本人がハーグ観光をお手伝い

PAGE TOP