KOTARO JOURNAL

【ライデン観光】広大な自然の中に囲まれたティーハウスでリラックスしませんか?

ライデンのティーハウス

今回はライデンに観光に訪れたら、休憩がてらにオススメなティーハウスについて紹介したいと思います。

ライデンは、多くの運河に囲まれた街であると同時に歴史的に古い建物が立ち並ぶ通りが多くあります。

そして、ライデンは日本と結びつきが強い街としても有名です。

なぜならば、オランダ最古の大学、ライデン大学(1575年設立)には世界で最初に設立された日本語学科があるだけでなく、江戸時代に日本に西洋医学を伝え、西洋における日本学を発展させたドイツ人医師シーボルトが住んでいたことがあるからです。

またライデンは、首都アムステルダムから電車で約30分と交通の便が良いところに位置しています。

多くの運河と風車を観光できるオランダらしい街並みであり、前述したライデン大学には植物園があったり、シーボルトが日本で収集したコレクションが展示されている博物館もあったりと1日ゆっくりと観光できるために、多くの日本人観光客も訪れているのかなと思います。

ライデンの街並み

私達夫婦は隣町デン・ハーグに住んでいることもあり、これまでに片道約1時間強かけて自転車でライデンを数回訪れてきました。

そして、気温が20度を超えて春らしい天気だった先日、ライデンを訪れた際にあるティーハウスに行ってきました!

このティーハウスをオススメする理由が…

森の中にひっそりとあって、太陽の光を浴びて自然を感じながらリラックスできるスポット

だからです!

ライデンのティーハウス

森の中にひっそりと存在するティーハウス

このティーハウスの名前は、”Theehuis de Leidsehout“(ライデンの森のティーハウス)!

その名前の通り、ライデン中心地から少し離れた森の中に位置し、緑に囲まれた穏やかなところになります。

ライデンにあるティーハウス

このティーハウスの周りには太陽の光を遮るものは何もなく、上を見上げれば青空が一面に広がっています。太陽の光が大好きな多くのオランダ人が、外のテラス席で日光浴しながら、ほのぼのとしていました。

ライデンにあるティーハウスの目の前の牧場

ティーハウスの目の前の牧場にはシカの群れ

そして、ティーハウスの目の前に広がる野原にはシカの群れがのんびりと過ごしており、コーヒーを飲みながらシカの群れを見ているとこっちもほのぼのとした気持ちになりました。

ティーハウスのすぐ隣には子供が遊べるスペース

ティーハウスのすぐ隣には子供が遊べるスペース

また、ティーハウスのすぐ隣には子供が遊べるスペースがあり、子供と一緒に来る親も子供たちを目の前で遊ばせながら、太陽の光を身体全体に感じながらリラックスすることができます!

このティーハウスでは、紅茶やコーヒーだけでなくランチメニューとしてサンドイッチや軽食としてケーキなども用意されています。そのため、昼食時や小腹を空かせた時にでも訪れてみても良い場所です。

また毎週日曜日14時から音楽コンサートが行われており、クラシック音楽から現代音楽まで多岐に渡る音楽が演奏されています。この時は静かにゆったりと過ごすことは出来ないと思いますのでご注意を!

ライデンに観光で訪れた際は、こちらのティーハウスで休憩してみてはいかがですか?

Theehuis de Leidsehout“(ライデンの森のティーハウス)の詳細
公式サイト:http://www.deleidsehout.nl/(オランダ語のみ)
住所:Houtlaan 100, 2334 CL, Leiden, the Netherlands.(ライデン中央駅から徒歩15分弱)
営業日:月~日曜日まで毎日営業。
営業時間:10:00~17:00

 

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト。オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. オランダ生活に必須なアプリ
  2. 「バルカン食文化の美しさをオランダ全土に広めたい」ーバルカン食料品店プリヤーテリ in アムステルダム
  3. 戦没者慰霊碑 Indies Monument
  4. 【ナチス独軍・最重要拠点】オランダ南西部の防衛地下壕ガイドツアーに参加してみた!
  5. 初めての引越しで学んだオランダのアパート最新事情【ハーグ2017】
  6. De Haagse Markt

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. セルビアで大人気な大衆音楽ジャンル「ターボ・フォーク」とは何か?
  2. 意外にも驚かれるセルビア4つの真実
  3. 映画"The New Barbarianism":戦地で従事する医療機関・医療従事者をどうやって保護するか?
  4. ニューオーリンズ観光で超絶オススメしたい観光スポット7選
  5. ジャクソン・スクウェア




執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. 意外にも驚かれるセルビア4つの真実
  2. セルビア クネズ・ミハイロバ通り
  3. 【歌詞解説】国外へ移住したバルカン人の気持ちをありのまま描くドゥビオザ・コレクティブ
  4. Youtuber(ユーチューバー)嫌いな私が唯一見ているYoutubers4選

FOLLOW ME!!

ハーグ観光のお手伝い

ハーグ在住日本人がハーグ観光をお手伝い

PAGE TOP