KOTARO JOURNAL

【時系列まとめ】旧ユーゴ戦犯スロボダン・プラリャク被告が法廷で服毒自殺!

(上記画像の出典:https://www.b92.net/

2017年11月29日(水)オランダ政治都市ハーグにある旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷で衝撃的な出来事が起きました。

この日の朝10時より、ボスニア紛争中にクロアチア人単一民族国家「ヘルツェグ=ボスナ・クロアチア人共和国」建設を目指すために、同地域に居住するムスリム人に対して行われた人道に対する罪(虐殺やレイプによる民族浄化や迫害、強制退去など)、戦争犯罪で起訴されたボスニア系クロアチア人元政治家や元軍人6名に対する控訴審判決公判が行われていました。

その公判中に、訴追されていた元軍人であるスロボダン・プラリャク被告(Slobodan Praljak)が裁判官より禁固刑20年の宣告が言い渡された直後に、「スロボダン・プラリャクは戦争犯罪者ではない!軽蔑の気持ちを持って、この判決を拒絶する」と言い放ち、手に持っていた毒物を服用して裁判が中断、緊急搬送された病院で死亡するという事件が起きました。

 

実は、この最終判決を一般傍聴する目的でオランダに居住する日本人の中で裁判に関心のある人を集って旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷で最後となる公判を見届けようと企画していました。

【11月29日開廷】旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷を一緒に傍聴しませんか?

最終的には、この裁判を一般傍聴することはできなかったものの、これまで追ってきた裁判の最後に戦争犯罪者スロボダン・プラリャク被告が公判中に自殺するとは夢にも思っていなかったため、私にとって非常に衝撃的なニュースでした。

今回の記事では、このスロボダン・プラリャク被告を含む他5名のボスニア系クロアチア人被告の裁判の始まりから、事件が起きた当日の様子、そしてその後の反応をまとめたいと思います。

 

スポンサーリンク

事件が起きた日の朝、私は旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷の前にいた

事件が起きた日の朝、旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷の前にいた

11月29日(水)朝9時ごろの旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷の様子

11月29日(水)当日に10時から開廷される予定だった裁判の一般傍聴をするために、私は朝9時ごろに旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷の前に到着した。

これまでに3回ほど裁判を一般傍聴してきたものの、今までとは異なる様相が旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷の周りを覆っていた。

上記の画像は、ボスニア紛争中にボスニア系クロアチア軍によって多大な犠牲と被害を被った当時のモスタルの写真とともに、「モスタルに正義を」と書かれたスローガンが掲げられていた。

 

 

旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷前に集まる報道陣

旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷前に集まる報道陣

また、法廷を取り囲むようにしてバルカン諸国を中心に世界各国からのメディアが生中継でこの裁判の行方を報道していた。上記の画像はアルジャジーラ・バルカン支局のブースだ。

そして、今回の一般傍聴企画に参加希望していたライデン大学の学生4名と待ち合わせをして、法廷内に入館しようとしたところ、まさかの事態に陥った。

なんと、今回の裁判には大使館や被告の家族関係者、メディア関連の報道陣で一般傍聴席が満員となっているため、当日の一般人が入館できないと言われた。この事態は予測していなかったため、残念ながら我々は入館することができなかった。

※旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷の館内の様子については、以下の記事で詳細に触れている。
→「旧ユーゴ国際戦犯法廷の裁判を傍聴してみた感想とレポート(2017年5月3日)

 

開廷する10時に近づくにつれて、在蘭クロアチア大使やボスニア大使含む大使館関連者、被告の親族だと思われる人々が続々と入館していく光景が見受けられた。

 

裁判が始まって2時間が過ぎた頃に事件が起きる

裁判が始まってから2時間ほどが経過したころに、私のTwitterタイムラインがザワザワとし始めた。私のTwitter上でフォローしている人たちの多くはバルカン地域のジャーナリストやバルカン研究者が数多く、彼らの多くが今回の裁判の行方を追っていた。

すると、6名の被告のうちスロボダン・プラリャク被告が手に持っていた毒物のような飲料水を口に含み、裁判が中断されるという事態になっていると報道するジャーナリストが数多くいた。

 

 

そして、旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷に救急車が駆け付ける事態に発展していることから、現場で起きている事態の大きさが一気に信憑性を高めることとなった。

 

 

上記の文脈の正しい意図としては、毒物を服用したスロボダン・プラリャク被告がそのまま死亡してしまうと、「死亡したことにより民族の英雄視される傾向が更に強まる」ことを意味しています。

そもそも、旧ユーゴスラヴィア地域の戦犯者たちは母国民族を守るために闘った英雄たちであると認識されて、彼ら戦犯者たちの犯した戦争犯罪を正当化しようとする人々は数多くいます。それは、クロアチアだけでなく、ボスニアもセルビアもコソヴォもそうです。

そして、クロアチア人たちの中には同被告の自殺を「ボスニア系クロアチア人たちが同胞を守るために戦ったが故に問われた罪に真っ向から反対して、自らの命を絶つ方法を取ってでも世界にクロアチアの無実を訴えようとした」英雄と捉える可能性が高いと思ったからです。

 

 

その後セルビア系メディアN1の報道によれば、毒物を服用して病院に緊急搬送されたスロボダン・プラリャク被告は存命で容態が安定していると報じました。が・・・

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト。オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。


記事が気に入ったら
Kotaro Journalを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kotaro Journal

関連記事一覧

  1. 【お知らせ】セルビア人との妻との国際恋愛話を赤裸々に語ったインタビュー記事公開!
  2. 巻き起こるバルカン政治問題から眺めるロシアW杯2018
  3. 意外にも驚かれるセルビア4つの真実
  4. ベオグラード観光中に「スリ被害」と「タクシーのぼったくり」に遭わない対策法
  5. セルビア版ラムシュタインFEUD
  6. 【オランダ開催】「スレブレニツァの虐殺」追悼記念式典で目の当たりにした人々の涙

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

執筆者のプロフィール

Kotaro

フリージャーナリスト&英語・セルビア語通訳者
ブログ運営者のプロフィール

オランダのハーグに在住しながら、セルビア(旧ユーゴスラヴィア他諸国)で起きている現状を独自の目線で発信するフリージャーナリスト

オランダの社会文化や現地での海外生活を最前線から追いながら、かつてセルビアに留学した執筆者が、旧ユーゴスラヴィア地域の社会問題を取り上げていく。

お問い合わせは、info@kotaro-journal.comまで。

大学時代に旧ユーゴスラヴィア史を研究し、1年間セルビアに留学。旧ユーゴ史研究者に少し憧れたものの諦める。現在は、オランダ・セルビアに特化した記事を書くフリージャーナリストとして活動。

お仕事の相談はこちら

詳細なプロフィール

セルビア中毒便り

海外送金にオススメ!

手数料激安の海外送金

最新の記事

  1. ヘヴィメタル初心者に聴いてもらいたいオススメ曲10選
  2. 低賃金で働くセルビア出身のDMM英会話講師たちが提起する問題
  3. 「平和の行進2018」&スレブレニツァの虐殺「23周年追悼式典」を写真で振り返る【オランダ・ハーグ】
  4. ナチス軍の生々しい歴史を展示するトポグラフィー・オブ・テラー博物館【ベルリン】
  5. 【風車✕田舎町】本物のオランダを見たきゃ、ザーンセ・スカンスに行こう!

海外旅行のホテル検索はこちら!

執筆者が推薦したい社会派記事



ピックアップ記事

  1. 旧ユーゴ国際戦犯法廷の裁判を傍聴してみた感想とレポート(2017年5月3日)
  2. アムステルダム市がAirbnbの規制を厳格化。その背景とは?
  3. 【1月7日に祝う】東欧セルビアのクリスマスは西方教会圏とは大きく異なる!
  4. メンバーズカードでオランダ節約生活
  5. オランダ政治中心地デン・ハーグにあるビネンホフ

FOLLOW ME!!

ハーグ観光のお手伝い

ハーグ在住日本人がハーグ観光をお手伝い

PAGE TOP